不動産投資をもっと知る

結局不動産投資は儲かる?儲からない?成功者が実践している運用方法

結局不動産投資は儲かる?儲からない?成功者が実践している運用方法

不動産投資は、所有している不動産から家賃として収入を得られる投資方法です。不労収入としてメディアなどで紹介されることもあり、サラリーマンや20代などの若い世代であっても不動産市場に参入する人が増えている状況です。

しかし、不動産投資は本当に儲かるのでしょうか。SNSなどでは「儲かる」と「儲からない」の二分した情報がありますが、成功者と失敗者は何が異なるのでしょうか。

そこで当記事では、20代で不動産投資を始めて失敗する人の特徴と、リスク回避について解説します。20代で不動産投資を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資は儲かるのか、失敗の原因はどこにあるのか、成功するためには何が必要なのかについて詳しくみていきましょう。

不動産投資って、本当は儲からない?

不動産投資は物件を購入し、整備しながら運用していく投資です。成功者の書籍やSNSが目立つなか、なぜ不動産投資は儲からないと言われることがあるのでしょうか。

儲からない理由(仕組み)を知ることによって、どのようにすれば利益が出せるのかなどの対策も立てやすくなります。不動産投資を始める前にこれらの仕組みを知っておきましょう。

なぜ、不動産投資が儲からないといわれているのか

不動産投資が儲からないといわれる理由は、ほとんどの場合が不動産を購入したローンが生活を圧迫するケースが多いためです。不動産投資を行う場合、ほとんどの人は不動産によって儲けることを目的としているといえるでしょう。

しかし、実際にはリスクポイントを無視して失敗するケースが後が立たないといっても過言ではありません。対策が足りないために経営が立ち行かなくなることはよくあるのです。たとえば、不動産投資のリスクとして以下のポイントが考えられます。

  • 不動産投資の目的を明確化していない
  • 自分の収支状況を把握できない
  • 入居者や設備に対して資金がかかることを理解していない
  • 返済計画が甘い
  • どの地域に人気があるかなどの情報収集をしていない

これらをしっかりと考えて計画を立てずに、闇雲に儲かるイメージだけしかせずに不動産投資を始めてしまうと失敗してしまいます。

不動産購入の金額は決して安価ではなく、決められたローンの金額は毎月支払う必要があります。設備投資だけでなく、広告費など細々した費用も発生してくるため、計画性を持った運用ができなければすぐに破綻してしまうのです。

立地や設備がよければ儲かると考えがちであるものの、不動産投資を行う場合、管理会社だけに任せっきりでは運営は厳しいでしょう。短期的な投資では、資金があっても結果が見えにくく、資金だけでなく、設備や住人の過ごしやすさなども考慮しなければなりません。

このように長期的に渡って収益を上げていく計画性がなければ、儲かるどころか失敗してしまうのは一目瞭然です。これらのことから、不動産投資は儲からないといわれることがあるといえるでしょう。

とはいえ、あらかじめ対策を行えばリスク回避が可能で、不動産投資を成功させることは十分に可能なのです

不動産投資が儲からないのはリスク管理(危機感)が足りないから



リスクヘッジという言葉を聞いたことはあるでしょうか。リスク管理、危機回避とも言われますが、不動産投資においてもリスク管理は重要です。不動産投資も「投資」なので、リスクヘッジを行いながら、長期的に運用していく必要があります。

不動産投資で失敗する人は基本的にこのリスク管理が甘い場合が多いです。上記でも触れましたが、不動産投資の計画をきちんと立てる、リスクポイントを回避するための対策を立てておくことが大事なのです。

物件は購入して貸し出すか建てるかの選択肢に別れますが、それぞれにチェックしなければならないリスクポイント項目は異なります。建物が古いのであれば、リフォームやリノベーションを含めた費用まで計算する、修繕費やハザードマップなどを確認しておくなどの対策も必要になってきます。

たとえば2000万円の物件を購入したとすると、それをどのように返済し、利益にしていけるかというシミュレーションが非常に重要です

2000万円の物件を10年で返済したいとなると、年間で200万円は物件のためだけに支払う必要があります。サラリーマンであれば給料と家賃収入から当てていくイメージです。

家賃収入にフォーカスしてみると、家賃が5万円の部屋を4~5人に10ヶ月貸すことによって200万円の回収が可能ですが、立地や設備などを充実させることによって入居者を募る、継続的に入居してもらうことが必須となります。

また、この計算であれば経費を含んでいないため、月々の計算で更にプラスとなる収支を目指す必要があるといえるでしょう。しかし、ローンを返済した場合、家賃は全て収入となってくるため、長期的な見通しがつけば、リスクを取りつつ不動産投資で儲けることは可能です。

不動産投資のリスク対策として投資方法そのものを見直すことも重要です。不動産投資の種類は、アパートやマンションを建てることだけではありません。マンションの一室やコインパーキング、トランクルームの貸出なども不動産投資の手法といえます。

そのため、居住用の物件が管理しやすいものであるものの、土地を有効に活用するなど、戦略性を持って投資を行っていくことが重要です。

そして、建物を建てる場合でも、様々な方法があります。

  • 利便性を考慮して駅の近くに建てる
  • 郊外であれば、ガレージハウスなどにする(希少性を出す)
  • インターネット無料、セキュリティを充実させる

どれも、人気となりやすい物件の特徴であり、異なる客層を意識した運営を行っています。そのため、どのような戦略でどのような客層に入居して欲しいのかを建物を建てる・購入する時点で決めておきましょう。

不動産投資初心者は、ワンルームマンション投資などから始める方がベター。しっかりとした戦略性を練って対策を行えば、不動産投資で儲けることが可能です。

不動産投資の成功者の投資方法

不動産投資の成功者は以下の要素を守っている人が多いです。

  • ハイリスク・ハイリターンではなく、ミドルリターンを長期的に狙い続ける
  • セミナーなどに参加して最近の不動産業界の事情やハウツーを知る、学ぶ
  • 柔軟性をもって物件を運用する

不動産投資の成功者は、資金を全てを使用する投資は行っていまません。ローンを組める状態であっても慎重に戦略を練り、利益を出せると感じた場合にしか投資をしないことが勝つためのポイントなのです。

不動産投資に成功するためには、物件に対する資金繰りだけでなく、ニーズの有無、そして、長期的に運用しながら利益を出していくことが重要です。投資を成功に導くためにも、運用計画などから都度見直して実行していきましょう。

不動産投資に失敗する人の特徴

不動産投資に失敗するということは、経営が上手くいかず、建物や設備などの投資に対して回収することができなくなる状態を指します。しかし、誰もが不動産投資を始める場合、失敗すると思ってい始めることはそうありません。

下記では、不動産投資に失敗する人の特徴をまとめています。失敗する人の傾向を知ることで、リスクヘッジ対策が立てやすくなります

  • 長期的な判断ができない
  • 短期的で収支を把握していない
  • 物件投資以外でも様々な支出が必要なことを理解していない
  • 管理会社や仲介会社に任せっきり
  • 情報収集を行わない、運用方法の見直しなどアップデートをしない

さすがに全てに該当するケースは少ないものの、いくつかあてはまる場合は、自分の不動産投資に対する考えを見直さなくてはいけません。たとえば、長期的な判断ができない場合には、まず、短期的な収支に加えて、現状の生活スタイルがどういったものであるのかを把握することから始めていきましょう。

加えて、運用を行ううえで必要不可欠である、具体的な数字を可視化しておくことも重要です。これは、成功者などを参考にしても良いものの、会社員などを続けながら、実業家などと比較しても、運用の知識が異なるため、鵜呑みにしてはいけません。

当然ですが、不動産投資は物件を購入すれば自動的に人が集まるものではありません。戦略的な広告を打ったり、自分で定めた客層に対してどのように周知すれば部屋が埋まるのかなど常に勉強していく必要があります。

入居者のニーズやトラブルを避けるためにも、管理組合や周辺のリサーチも欠かせないです。

不動産投資=いきなり大きく儲かるものではない!



不動産投資は短期間で大量の資金を使って儲けるものではありません。多くの資金を使ってリスク分散させながらリスクヘッジをして、長期的に運用して利益やその恩恵を受けられるものです。

不動産投資の初心者であれば、まずは自分の生活が成り立つ程度の出費で抑えることが重要です。資産があったとしても、資産全てを使って運用することは決してオススメできません。

不動産投資はあくまでも投資で、絶対的に成功するとは限りません。短期的な投資ではないことを前提に検討する必要があります

どのような資金の使い方をしてどのように回収していくのかを長期的に考えながら、利益を少しずつ出していくことが将来的に「儲かる」ために必要な考え方だと言えるでしょう。

不動産投資を成功させるには、シミュレーションとプロのアドバイザーが必要不可欠

不動産投資に失敗しないためには自分で勉強することも必要であるものの、シミュレーションを重ねて、運用のプロなどから話を聞くこともかなり重要です

シミュレーションに関しては、単純な家賃計算でだけでなく、トラブルなどに対する具体的な対処法や設備の更新なども含めてみましょう。

儲けるための条件やいざというときの対策などもプロであればその情報を常に勉強し、顧客にアドバイスしていけます。とくに、業界の最新情報や傾向などは建物を保有し、運営に問題が無い状態でも必要です。

まとめ

今回は、不動産投資が儲からないといわれる理由と、不動産投資にはどのよう対策が必要なのかについて解説しました。

不動産投資に失敗する理由を熟知していても、絶対に成功するとはいえないのが投資です。そのため、それぞれのリスクに対して的確に対応し、その都度対策を講じる必要があります。

不動産で儲けたい場合は、まずどのぐらいの資金を用意し、どの客層に向けた物件を購入・運営するのかというシミュレーションからスタートしてみましょう。短期的に設けることが不可能であることから、長期的な計画が立てられない場合は、プロのアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

アスクルパートナーズでは不動産投資をはじめとした、生活するうえで必要なお金に関連する全てをサポートしています。「将来の資産形成はどうしたらいい?」「既に不動産を運用していけど、不安老」「もっと不労収入を増やしたい」などのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談ください。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む