不動産投資をもっと知る

20代の資産形成はチャレンジしやすく他の世代よりリターンが大きい理由とは

20代の資産形成はチャレンジしやすく他の世代よりリターンが大きい理由とは

この先、年金だけを当てにして老後が豊かになる可能性はかなり低いでしょう。

「年金や老後なんてまだ先の話」と思っている20代の人も、他人ごとではありません。いまから少しずつ資金形成をしておくのとおかないのとでは、40年後の生活に差が出るはずです。

今回は20代から資産形成を始めるメリットと、最適な方法を紹介します。

資産形成を20代から始めるメリット

資産形成を20代から始めるメリットとは?

資産形成は30代、40代から始めるものだと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、資金形成は20代から行う方がメリットは多く、おすすめです。

チャレンジしやすい年代であり資産運用の経験を積める

20代はまだ独身者も多く、時間やお金も自分のために使える世代です。つまり資産運用や資産形成にチャレンジしやすい年代なのです。

もしチャレンジに失敗しても、大きな損失でなければ30代40代と挽回できますし、若いときから資産運用の経験を積めるのも大きなメリットといえます。

早く始められることで長期間の効果が大きい

資産形成や資産運用は早く始めると、「複利」が出るためお得です。「複利」とは利子にまた利子が付くことを指します。

たとえば、金利2%の会社に100万円を1年間預金した場合の利子は、

100万×0.02(2%)=2万円

です。

2年目は同じ金利2%の会社に利子も含めた102万を1年預けます。すると、

102万×0.02(2%)=104万400円

となるのです。

この400円は1年目の利子2万円から得られた利子です。

このように、複利は長い期間を経て利子を増やせる仕組みです。これを20代から得ていた場合、60歳になるころにはかなり大きな額になっています。

以上のことから、20代から資産形成を始めると、30代から始める人と比べて「複利の額」や「経験値」で大きな差が出るのです。

資産形成を行なっている20代の割合

JSDA(日本証券業協会)が平成30年度に行なった「証券投資に関する全国調査」の報告書によると、20代で投資信託を保有している男女の割合、株式を保有している男女の割合は、以下のとおりです。[注1]

<株式の保有割合>

現在所有している 興味はあるが所有していない 所有したことがない 無回答
20〜24歳男性 2.7% 0.9% 96.0% 0.4%
20〜24歳女性 0.6% 0.6% 98.8% 0.0%
25〜29歳男性 6.4% 2.0% 90.6% 1.0%
25〜29歳女性 0.8% 0.4% 97.9% 0.8%

<投資信託の保有割合>

現在所有している 興味はあるが所有していない 所有したことがない 無回答
20〜24歳男性 1.3% 0.4% 98.2% 0.1%
20〜24歳女性 0.0% 0.0% 100.0% 0.0%
25〜29歳男性 5.0% 1.0% 93.6% 0.5%
25〜29歳女性 2.5% 0.4% 97.1% 0.0%

20代は資産形成や資産運用に関してあまり力を入れていないことがわかります。

また、この調査では株式や投資信託の認知度にも触れており、株式に関する知識にたいして知っていることがないと答えた20代男女は3〜4割を占め、投資信託にいたっては6〜7割を占めているのです。

これをチャンスと見るか、まだやらなくていいと思うかは自由ですが、上述した20代から資産形成を始めるメリットを考えると、やって後悔はしないはずです。

[注1]日本証券業協会:平成30年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)

20代におすすめの資産形成の商品候補3つ

では実際に20代から始めるとよい資産形成はどんなものなのでしょうか。主に、下記3つの資産形成がおすすめです。

その中でも優先して行うとよいものから解説していきましょう。

おすすめは不動産投資

不動産投資とは、不動産を購入して自分の資産の1つとし、そこに住む人から家賃収入を得てお金を増やす方法です。また、購入した物件の物価が上がったときに売却して、その差で利益を出す方法もあります。

資産には「現物資産」と「金融資産」があり、不動産などの現物資産はいつまでも無価値になることがないのがメリットです。逆に金融資産は、その資産の大元が倒産した場合、無価値になるというリスクがあります。

また不動産投資は基本的に不動産会社に管理を任せるため、自分でやることはほとんどありません。つまり手間がかからず収入を得やすいのです。

株式投資

株式投資とは、企業が発行する株を売買して利益をだしたり、会社の利益を配当金としてもらったりすることでお金を増やす方法です。不動産投資や投資信託よりは認知度は高いものの、「難しい」や「失敗すると怖い」などのイメージも持たれやすいのが特徴です。

ただ上級者のような株で生計を立てるわけではない限り、大きく損をすることはないでしょう。

投資信託

投資信託とは、投資家として運用の専門家にお金を預け、出た成果報酬の中で投資額に応じた分配金を得ながらお金を増やす方法です。資産運用を専門家に任せるため手間がかからないというメリットはありますが、人に任せている分「本当に増えるか」という不安にかられることもあるでしょう。また投資信託は、最初に投資したお金(元本)が戻ってくるという保証がないため、不動産投資や株式よりも損益のリスク幅が大きいものと言えます。

20代から不動産投資を始める3つのメリット

20代から不動産投資を始めるメリットは主に3つです。

  • メリット① 融資を受けやすいケースもある
  • メリット② 若いころから安定した収入を得られる
  • メリット③ 年収600万円を超えている人にとっては節税効果もある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

融資を受けやすいケースもある

一見、若い人は金融機関から融資を受けづらいと思われがちですが、日本政策金融公庫には「女性、若者/シニア起業家支援資金」という制度があります。[注2]

この制度は「女性または35歳未満か55歳以上の方であって、 新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方」が対象で、最大7,200万円まで融資を受けられます。

[注2]日本政策金融公庫:女性、若者/シニア起業家支援資金

若いころから安定した収入を得られる

不動産投資最大の魅力は、入居者が途絶えない限り、安定した家賃収入を得られるという点です。そのためには、不動産管理会社との連携や関係性の構築が不可欠。好立地の物件を紹介してもらえるように密な連絡を取り合いましょう。

初年度は節税効果も高い

不動産投資のメリットの1つに節税効果があります。国民が必ず納めている「所得税」には、「総合課税」の対象となる所得があり、「給与所得」「不動産所得」「利子所得」「事業所得」は税金の額を算出するときに合算されて計算されるのです。

実際に年間の給与所得が600万円、不動産所得が50万円、不動産管理に関する経費が150万円だった場合の総合所得を算出すると、

600万円+50万円-150万円=500万円

となります。

給与所得だけの場合、600万円分の所得税を払う必要がありますが、不動産所得と経費が入ることで100万円分少なくなった所得税を結果的に払います。

特に、不動産投資初年度は経費が多くかかるため、不動産所得<経費になりやすいのです。

不動産投資の情報収集はどう進めるべきか?

セミナーの案内

不動産投資の情報を集めるにはどうしたらよいのでしょうか。

今ではネットで様々な情報を収集できるため、ネットを使えばいいと思う人もいるかもしれませんが、実はそれは好ましくない方法なのです。

独学で不動産投資のノウハウを培うのは危険かつ難易度が高い

上述のように、ネットなどを駆使して独学で不動産投資のノウハウを培うのは危険ですし、難易度も高いでしょう。なぜならネットのどの情報が本当か判断できないからです。

また、サイトによっては情報が古いこともあったり、本に書いてあったことが数年後には変わっていたりと生の情報変化に対応できないことも挙げられるでしょう。

さらに不動産投資で成功させるには、税金や不動産の知識など異なる分野の知識が求められます。これらをすべて独学し必要なところだけをかいつまんで、自分のものにするのは至難の業です。

まずは基礎知識を不動産会社のセミナーなどに参加をして養い、付加知識は独学で養う方法をおすすめします。

セミナーに参加する4つのコツ

セミナーに参加するときは、以下の4つをコツとして覚えておきましょう。

セミナー参加成功のカギは選び方にあります。

  • ① セミナー講師の質を調べておく
  • ② 投資する不動産の種類とセミナーの種類が合っているか確認する
  • ③ 開催回数を確認
  • ④ 不動産会社の入居率を確認する

近年セミナーと称して、参加者に詐欺行為を働こうとするグループもいます。

不動産会社が運営しているセミナーでそのようなことはほぼあり得ませんが、実績や入居率が低い不動産会社が行なうセミナーの場合、学びが少なかったり最新の情報が聞けなかったりする場合があります。

セミナー参加の際は、必ず下調べを行ない信頼できるセミナーかどうか見極めましょう。

個別相談の機会があれば、担当者に何を聞くべきか

セミナーの中で個別相談ができる機会があった場合、担当者に聞いてみたほうがよい質問をまとめてみました。個別相談をするときの参考にしてみてください。

  • ① 不動産投資を始めるにあたる初期費用
  • ② 都内と地方のどちらで不動産投資をすべきか
  • ③ 投資をする不動産のポイント
  • ④ 20代で不動産投資を始めたときに起こるリスク

不動産投資による資産形成を20代で始めるために、いまやるべきことは「正確な情報収集」

資産形成を20代から始めた人と、始めなかった人とでは老後の蓄えに大きな差が生まれます。年金が当てにできない可能性があるからこそ、若いうちから少しずつ資産形成をしていく必要があるのです。

不動産投資は、20代から始める資産形成の中でも特におすすめです。学ぶべきことは多いものの、実際の管理などは不動産会社がほぼ行ってくれるため手間がかからず安定した収入を得られます。

まずは不動産投資のセミナーに参加をして、不動産投資とはどういうものかを学んでみましょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む