不動産投資ニュース

新型コロナの影響か。不動産投資用の中古物件が買い時と言われる理由

不動産投資不動産業界中古マンション売却投資家物件物件選び融資銀行

新型コロナの影響か。不動産投資用の中古物件が買い時と言われる理由

こんな時だからこそ、不動産投資を始めたいという新規参入を目指す声も珍しくない。

不動産投資を検討している、または既に物件を所有しているオーナーであれば現状のコロナ禍においての戦略を考えている人がほとんどでしょう。

なかでも不動産投資の「中古物件」への注目度がジワジワと上がってきているといいます。

不動産投資家たちはどのようにコロナ禍を乗り切ろうとしているのか、中古物件が注目を集めているその理由や背景を下記にまとめています。

中古物件に注目が集まっている理由

不動産投資に関わらず現在は新型コロナウイルスの影響で投資業界にも様々な動きが発生し、トレンドなども目まぐるしく変動しています。

そんななか、不動産の価値が今後下がってしまう可能性があるのではないかという理由で、物件を売る投資家たちも出てくるのではという予想がされています。

また、上記に吊られて資金力がそこまで高くない不動産投資会社も、キャッシュを準備するために自社物件の売却に乗り出して価格を下げるという可能性も高くなるようです。

加えて、中古物件と合わせて新築物件の価格も下がる可能性も高いと予想されています。

新築物件価格が下がれば、周辺エリアの中古物件もさらに価格が下がる傾向にあるので、より中古物件を入手しやすい条件が揃っていきます。

とはいえ、いきなり下落するのではなく、あくまでも徐々に下がっていく可能性が高いとのこと。

それらを戦略的に狙えば、よりよい条件で中古物件を取得することが可能なので、現在の状況において中古物件に注目が集まっているようです。

不動産投資ローンを組むのも早めが好機?

新規融資や手続きに時間がかかるケースが発生!続くコロナ禍で金融機関はどう動く?

こちらでも紹介しましたが、現在新規ローンの申込が通常時より難しい状態になっています。

コロナ禍が落ち着いたあとは、若干の落ち着きを取り戻して、ジワジワ融資の引き締めが目立つようになるともいわれています。

借り手側も売り上げや収益、年収や自己資金が下がって以前より不利な状況になっている可能性が高いからです。

金融機関もしばらくは新規融資には慎重な姿勢を示すであろうことから、収入状態が安定または見通しがたっている段階で不動産投資ローンを組んでおく方がベターと言われています。

総合的に考えても中古物件は買い時!検討しているなら早めの物件探しを



未だ終息の目途が立たない新型コロナウイルス。


✓所有している物件を売り急ぐ人、業者が増えること
✓新築物件も値下がりすること
✓不動産投資ローンの新規融資がのちに厳しくなる可能性が高いこと

上記3点の理由から、不動産投資を検討している人は早めに物件を探して融資相談をアドバイザーなどにしておくといいでしょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む