不動産投資ニュース

新型コロナによる生活苦を無利子の融資で乗り切る方法

お金カードローンローン融資融資条件銀行

新型コロナによる生活苦を無利子の融資で乗り切る方法

緊急事態宣言は解除されたものの、新型コロナウイルスの影響で失職や廃業をして収入が途絶えてしまった人も少なくありません。

外出自粛などで転職活動もままならず、ひとまずの生活費用ですらツライと困窮しているケースも増えてきています。

給付金の10万円では到底間に合わない……。そんな苦しい現状を乗り越えるために活用できる無利子の融資制度があります

当記事では、生活苦を無利子の融資で乗り切る方法を紹介します。

今すぐにでもまとまったお金が必要、生活が苦しいという人は参考にしてみてください。

国には様々な支援制度がある


急激な収入削減により、生活が困難に陥ってしまった場合、取り急ぎ国の支援制度を確認してみましょう。

国や自治体には様々な支援制度があります。

自分なんか対象にならないのでは……と諦めず、まずは自治体や役所のHPを確認する、問い合わせてみることがオススメです。

とくに、新型コロナウイルスの影響で急激に生活が立ち回らなくなった人も少なくないでしょう。

まず、生活を立て直すためにも当面の生活費を準備しておきたいところです。

そういう場合は「緊急小口資金」の特例貸付を利用することを検討しましょう。

緊急小口資金とは

緊急小口資金とは、保証人が不要なうえに無利子でお金を借りられる制度です。

住んでいる自治体の社会福祉協議会か労働金庫に申込むか、郵送での手続きになります。

【緊急小口現金の特例貸付条件】
〇対象……新型コロナウイルスの影響で収入が減り、生活費がない、すぐに必要な世帯
〇上限額……仕事がなくなった人、個人事業主などは20万円(そのほかは10万円)
〇期間……1年間(借りてから1年間は返済せずともよい)
〇期限……2年(借りてから2年後までに返済する)

特別な審査などはありませんが、緊急性が認められない場合は貸付を断られる場合もあります。

詳しくは各自治体のHPや厚労省のHPを確認してみてください。

また、緊急小口資金以外にも条件によって無利子や低利子で利用できる貸付制度もあります

まずは落ち着いて、各自治体の制度をチェックしてみましょう。

大手銀行の無利子融資

自治体の貸付制度と合わせて大手銀行の融資制度も確認しておきましょう。

三井住友銀行とSMBCコンシューマーファイナンスなどの大手金融機関は、新型コロナウイルス感染拡大に伴って経済活動に影響を受けた人に、無利子または低利子で融資可能な制度を準備しています。

こちらは担保、保証がSMBCコンシューマーファイナンスとなるので審査がありますが、「特別金利フリーローン」などは融資額最大300万円まで可能で、通常(店頭)金利より3.00%の引き下げ金利でお金を借りることができます。

ちなみにSMBCコンシューマーファイナンスでは「応援融資」という商品も発売されていて、こちらは実質年率4.50%のところ貸付後1年間は無利子で最大10万円まで借りることができます。

額は少なめですが、担保や保証人が不要で必要書類は本人確認書類のみです。

こちらは自動契約機でも手続き可能なので、即日融資も叶います。

キャッシングや消費者金融の利用は、よく検討してからにしよう

一時的な資金に困っている場合は、上記のような無利子や低利子の貸付制度を活用し、生活を立て直す準備をしましょう。

焦ってキャッシングや消費者金融のカードローンを利用すると、高利子での契約になって後々返済がつらくなってしまう恐れもあります。

どのぐらいの金額が、どのぐらいの期間あればいいのかをしっかりと把握してから申し込むようにしてください。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む