不動産投資をもっと知る

退職金を減らす投資はNG!50~60代の老後の資産形成に大切なこと

50~60代お金ご夫婦相談◎リスクに備える基礎を学ぶ老後資金運用方法

退職金を減らす投資はNG!50~60代の老後の資産形成に大切なこと

将来のために堅実に行っておきたい資産形成ですが、現時点では生活するのに精いっぱいで資産運用なんてとても……と思っている人も多いでしょう。

しかし、「まとまったお金が入ったら投資も可能だし、退職金を回せばいいのでは」とかんがえるのはNGです。実は、営業マンなどに勧めらるがまま慣れない投資に手を出して、退職金を減らしてしまう、または失くしてしまう人は少なくないからです。

当記事ではそんな老後の失敗を防ぐためのポイントと、堅実的に資産形成を行う方法をご紹介します。

退職金の使い道は?

サラリーマンや会社務めの人であれば、定年まで勤めあげた後に退職金を貰えるケースが多いです。最近では退職金の支給率も減少してきてはいますが、それでも大企業や経営が潤沢な中小企業でも退職金制度は根強く残っています。

定年後の生活を考えて「用紙、退職金の使い道は投資に決まりだ!」と投資を視野に入れている人もいると思いますが、実はここに落とし穴があるのです。慣れない投資に手を出して、退職金を減らしてしまう人も決して珍しくありません。

減らすだけならまだしも、すべてをつぎ込んで退職金を溶かし、老後破産するケースもあります。かと言って退職金をまるまる貯蓄にしてしまうのも勿体ない気がする……そんな人はまず「貯蓄」と「運用」について学んでおく必要があります。

貯蓄と運用について

まず、貯蓄と運用は全く別のものだということを考えておきましょう。貯蓄は現在あるお金を使わずにとって残しておくもので、運用はお金を使ってさらにお金を増やす、動かすなどの流動性があるのが特徴です。

貯蓄はノーリスクノーリターンで、貯めた分だけ減りも増えもしません。一方で運用の場合はリスクが伴いますので、元本よりも資産がマイナスになってしまう場合もあります。

ですが運用をうまく行えば、貯蓄では到底無理な「資産を増やす」ことができます。せっせと貯蓄をしていても昔のように金融機関に貯金をしていれば利息がつく時代は終息し、スズメの涙レベルの金利でしか増やすことができません。

老後を迎える50~60代はとくに貯蓄と運用のバランスが何よりも大事です。いずれかどちらかだけでなく、双方のバランスを取りながら貯めることと運用することに意識を向けていきましょう。

原則、利回りが3%以下の不動産投資はやめておく

不動産投資で一番やってはいけないのは、利回りの悪い不動産を買うことです。<利回りとは不動産購入価格に対して、年間利益を上げられるかの指数です。

たとえば2,000万円で買った不動産が、年間60万円の家賃収入があれば表面利回りは3%です。でも実際は、固定資産税や借入利息、管理費や修繕費などがかかるため、実質利回りはさらに低くなるのです。

実際に不動産投資をやってもいいとされる表面利回りの目安は、6%以上ともいわれています。しかし現在は不動産価格が高騰していることもあり、3%程度やそれ以下の利回りでも買ってしまう人が少なくないのが現状です。

実はここに危険な落とし穴があるのです。上記で触れましたが、表面利回り3%ではローンの利息や管理費、固定資産税などを払っていくと、手取りは期待できないのです。ひどい場合にはローンを返すために預金を取り崩す人もいるほど。

もちろん、不動産投資から得られる利益には家賃収入だけでなく買った金額よりも高く売れた場合の売却益もあります。とはいえ不動産価額がバブル並みに高くなっている現在のような時期は、家賃による利回りが低くなるだけでなく、売却益が出る可能性も低くなるのです。

したがって、50~60代で不動産投資を検討している人には、不向きな状況であると考えたほうがいいかもしれません。

悪徳業者や金融機関の営業マンに騙されるべからず

「でも、将来のために何かしておきたい……」と気持ちが焦れてしまっている50~60代の足元を見て、営業マンは逆に商品の提案を積極的に行います。

特に退職金の使い道として営業マンが強く勧める商品の一つが「外貨建て保険」です。外貨建て保険とは、払い込んだ保険料が外貨で運用される保険商品のことです。なぜ、営業マンが外貨建て保険を勧めるのかというと、外貨建て保険は利回りがよく、元本保証があるからです。

ここに何も知らない初心者は騙されてしまいやすいのです。利回りがよくて元本保証できるのは、日本円よりも利回りのいいドルなどの外貨建てだからであって、元本保証というのは、外貨建てでの話ということを忘れてはいけません。

要は為替相場次第で、日本円では元本割れしてしまうこともあるのです。これを知らずに退職金や大金をつぎ込んで困っている人が数多く存在します。

営業マンはオトクさを前面に売りに出しますが、トクしかない運用商品はまず、ありません。投資商品である時点でリスクがあるのは当然のこと。それをすっ飛ばして営業マンのトークを鵜呑みにしてしまうと困ったことになるのです。

投資商品を購入するのであれば、まずは大前提にリスクがあることを念頭に置き、金融機関の担当者に「この商品のリスクはなんですか?」と聞く必要があります。

他にも手数料の高いファンドラップや投資信託、毎月分の投資信託なども勧められやすいが、「退職金を使ってやってはいけない投資」と言われています。

営業マンからは専門用語でまくし立てられるなどわけのわからないことを説明されるかもしれませんが、「わからないけど、とりあえず大丈夫そうかな」と流してしまうのだけはやめましょう。

自分が納得できるまで疑問やリスクについては問うべきであり、営業マンが信頼できるかどうかも確認しておくことが重要です。

正しい知識を身につけて、退職金の使い道をしっかりと検討しよう

退職金はまとまった金額になり、老後の資産形成にも使いやすいお金です。だからこそ、「理解できない商品(投資、もの)には、お金を出さない」という気持ちで退職金を運用しなければいけません。

決して退職金で資産運用するなということではなく、貯蓄と運用のバランスがよい方法を選ぶことを意識しましょう。

たとえば、50~60代にオススメしたい投資方法は「つみたてNISA」や「iDeCo」が挙げらます。これらは、毎月一定の掛金で投資商品を購入して定額を積み立てる「ドルコスト平均法」で資産を増やす方法です。

加えて利益が出ても税金がかからないのが魅力的。もちろん退職金だけでなく、若い世代にも始めやすい堅実な投資方法の種類です。

資産運用がしたい初心者に付け込んだ「おいしい話」は鵜呑みにせず、必ず自分でも正しい知識を身につけながら納得いくまで運用方法を検討することが大切です。

もし、自分の老後の資産形成が不安な場合は、FPや不動産投資アドバイザーにライフプランの設計相談をしてみるといいでしょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む