不動産投資をもっと知る

「資産」で考える、現物資産と金融資産の違いと投資戦略

不動産投資投資資産資産形成

「資産」で考える、現物資産と金融資産の違いと投資戦略

将来のために堅実に行っておきたい資産形成ですが、資産形成の手段は1つだけではありません。保有する資金や資産などに合わせて自由に選択することが可能です。そのうえで、資産の種類を分けた場合、現物資産と金融資産に分けることができます。

では、資産の種類を把握したうえでどのような戦略を立てていけばよいのでしょうか。当ページでは、不動産投資なども含めた現物資産と金融資産の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

資産形成や投資の手段は自分で選択できる

一口に資産形成や投資といっても、多数の種類や方法があります。ざっと挙げると下記が思いつきやすいのではないでしょうか。


☑株式
☑債券
☑不動産
☑投資信託(ETF・REIT含む)
☑金

この中から様々な手段を組み合わせ、老後の資金や収入の柱にしていくことが資産形成の最終的な目標となります。

どの方法を選ぶのかは人のニーズによって異なるものの、多額の資金を必要とするものだけでなく、数百円単位からスタートできるものも少なくありません。

どの手段でも最終目的は「資産形成を行ったうえで将来的な不安や現状の働き方における課題の解決」だといえるでしょう。

「資産」で大きく考えると「現物資産」と「金融資産」の2種類がある

資産は以下のように分けることができます。どちらか一方だけではなく、組み合わせることでライフプランに影響を与えずに生きていくことのできる可能性を高められます


【現物資産】
そこにあるだけで価値のあるもの

【金融資産】
保有だけでは意味がなく、売買などによって価値が生まれるもの

どちらも金銭によって獲得できるものであるものの、特性はそれぞれ異なるといえるでしょう。たとえば、資産の割合として金融資産と現物資産のバランスが50%ずつであれば、どちらかがマイナスの影響を受けたとしても全ての資産価値が一方的に減少する可能性を低くすることが可能です。

現物資産ってなに?

現物資産には以下の投資が該当します。保有することことで一定の価値が生まれる資産であれば全て現物資産といえるでしょう。


☑不動産投資
☑金(銀・プラチナ)
☑美術品

このなかでも不動産投資は種類が多いです。


・現物不動産投資(新築、中古アパート・マンション・戸建て、ワンルームマンション)
・不動産投資型クラウドファンディング
・不動産小口化商品

不動産投資に該当するのは、全て事業用の物件です。しかし、不動産投資だけを比較しても以下のように商品の性質が異なります。


【現物不動産】
所有権・登記:有
運営者:買主
収入:家賃・売却
物件の選定:自由
必要資金:数百万円~

【不動産投資型クラウドファンディング】
所有権・登記:なし
運営者:サービス提供事業者
収入:家賃・売却益の分配
物件の選定:サービス提供事業者
必要資金:1万円~

【不動産小口化商品】
所有権・登記:任意組合であれば有
運営者:サービス提供事業者
収入:家賃・売却益の分配
物件の選定:サービス提供事業者
必要資金:1万円~100万円

現物資産に当てはまる投資のなかでも不動産投資は、検討しやすいと言えます。上記でも触れたようにいくつかの種類があるものの、リスクや資金に合わせて投資方法を選択できるため、自分のニーズに合ったものを選択するとよいでしょう。

現物資産投資のメリット・デメリット

現物資産投資のメリットとデメリットは以下になります。


【メリット】
・長期的な投資ができる
・税金対策や節税ができる
・価格の変動がある程度予想できる

【デメリット】
・災害・補修リスクがある
・売却までに時間が掛かる
・保有するだけでコストが掛かる

現物資産投資のなかでも、とくに不動産投資の場合は長期的な投資が可能です。成功した場合には、1棟だけではなく、複数棟を運用することも不可能ではありません。また、損益通算ができる点や相続税の軽減が可能といった点はメリットだといえるでしょう。

対して、現物資産投資のデメリットは、災害などによって消失するリスクがある点です。不動産の場合は補修、絵画などの美術品であれば火災で焼失する可能性も想定できます。また、不動産投資の場合は保有するだけても課税されるため、支払うための資金の準備も必要です。

金融資産ってなに?

金融資産は、実体はないものの、保有することで価値を示すことのできる資産のことを指します。例えば、以下のようなものは金融資産といえるでしょう。


☑株式
☑債券
☑投資信託

どの商品も購入時より高額となった場合の売却益をメインで運用するものだといえます。配当や株主優待などのサービスもあるものの、株式は価値の変動が激しいという特徴があります。

金融資産投資のメリット・デメリット

金融資産のメリットとデメリットは以下になります。


【メリット】
・少額からスタートできる
・高い売却益を狙える
・保有期間を自分で決められる(株・投資信託)

【デメリット】
・価格変動が現物資産投資より激しい
・株式は倒産などによって無価値になる可能性がある
・全て元本保証はない

購入する資産によっても異なるものの、価格変動が起こりやすいため、リターンを得やすい点はメリットだといえるでしょう。また、過去のデータや将来的な市場の傾向などを読むことで利益につながることあります。

対して、価格変動が激しいため、同一の投資信託や株式でも損失と利益の基準がタイミングによって変わります。また、どのような商品を購入しても元本割れのリスクがある点は把握しておきましょう。

現物資産と金融資産、どちらが始めやすい?

スタートのしやすさは保有する資金によって異なります。たとえば、数百万ほどの資金がある場合、現物資産・金融資産どちらも選択肢に入るといえるでしょう。

この場合は、将来的にどのようなライフスタイルを築きたいのか、リスクをどの程度許せる目のかによって選択する資産は変化します。たとえば、短期的なリターンを狙いたいのであれば金融資産の株式、長期的な収入を得たい場合は現物資産の不動産投資などが候補となります。

また、インフレに強いのかなども検討材料となるため、投資に使用する資金に合わせたうえで、将来的にどちらの資産投資に比重をおきたいのかで決めることも可能です。

それぞれの主な戦略

戦略にもいろいろありますが、短期的な利益に関しては金融資産、長期的な資産形成に関しては現物資産が適しているといえます。

金融資産は長期的な資産形成ができる商品もあるものの、市場の動向を踏まえたうえで今後どうなるのか、入念にリサーチしなければ利益を確保するのは難しいでしょう。

現物資産は、不動産投資であれば老後の資産形成だけでなく、家賃収入を期待できるため、現在の働き方や生き方を変えられる可能性もあります。とくに成功した場合は、複数個所から収入を確保できるため、将来的な対策も可能です。

まとめ

資産には、現物資産と金融資産の2種類があります。現物はそこにあるだけで価値のあるもの、金融は交換によって価値を示すものです。

どちらにもメリットとデメリットがあるため、組み合わせて運用していくことが大切です。そのうえで、家賃収入や老後の資産形成、定期的な収入に興味がある場合は、不動産投資を検討してみましょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む