はじめての不動産投資

ライフイベントが多い30代の資産形成に不動産投資がオススメな理由

30代ライフプラン年金対策×不動産投資産休

ライフイベントが多い30代の資産形成に不動産投資がオススメな理由

30代は20代よりも将来の資金繰りや生活を細かく考えていかなければならない時期です。結婚して家族ができる人も増え、自分だけでなく家族に使うお金についても考えて準備していく段階と言えるでしょう。

今回は、ライフイベントや出費が多い30代に、なぜ不動産投資がオススメなのかを解説していきます。

ライフイベントが密集する30代こそ資産形成を考えるべき

30代はライフイベントが多くなり、それにともない出費も増える世代です。なかには「出費が多いから資産形成になんかお金を回せない!」と考える人もいるでしょう。

しかし、その考えはまったく逆。出費が多くなるからこそ、これからのことを考えて少しでも投資(資産運用)をしておくべきなのです。

30代の主な出費の内訳

30代の主な出費

30代の主な出費は以下の4つです。当てはまらない人もいるかもしれませんが、一般的に30代でかかるといわれている費用をまとめました。

結婚・出産費用

30代は結婚や出産を経て家族が増えることが多い時期です。節約したとしても、結婚や出産には多額の費用が掛かるものです。また、家族が増えることで純粋に生活費用や食費、雑費などが増えていきます。

住宅購入費用

30代は家族が増えることもあって、ローンを組んで住宅を購入したいと考える人も多いでしょう。夫婦どちらかの家族と同居するケースもあるかもしれません。

住宅購入は人生で1番大きい買い物になると言われているくらいですから、ほかの出費とは比べ物になりません。

教育資金

上述した出産費用のつながりでかかるのが教育費用です。一般的に子どもを大学まで行かせることを想定した場合、最低でも2~3,000万円はかかると言われています。

親世代の老後資金

自分たちの親世代が老後生活に突入しているという30代も珍しくありません。親が潤沢な資金があって生活ができていれば問題ありませんが、病気や介護などで働けなくなる、通院や入院、ヘルパー利用や施設入所などでお金がかかることもあります。

老後への準備費用(年金対策など)

親や子どものことだけではなく、自分たちの老後のための資金も考えておかなければなりません。

年金がアテにならない近年、老後の蓄えは自分たちでなんとかしなければならない時代に突入しています。

30代からの資産形成のポイント

資産運用について話し合う夫婦

出産や結婚は一時的な出費にはなりますが、そのほかは定年を向かえるときまでを見越して考えるべき出費です。資産形成はそんな将来に対し、少しでも困らないようにするための未来投資のようなものです。

30代で資産形成を始めるのと40代から始めるのとでは、利益に大きな差が出ます。将来の資産形成は、早ければ早いほど利益率が高くなっていきます。たとえ少額からでも構わないので資産運用、資産形成は始めておいた方がよいのです。

30代からの資産形成のポイントは主に2点です。家族や配偶者がいる人はとくに資産形成のポイントを把握して無理のない方法を選びましょう。

①収入と支出のバランスを見て無理のない投資をする

上述のように、30代はライフイベントも多く支出が多い時期です。しかし、一般的には20代よりも収入が多くなっていることが考えられるため、余剰資産(生活費を除いた資産)はできるはずです。

まずは月の収入と支出を半年分ほど見比べ、どれくらいの金額であれば無理のない投資ができるか考えてください。もし、いま投資する元手がない人は家計を見直して元手を作るところから始めてみましょう。

②投資商品の選び方

資産形成を成功させるには、以下の項目を要点において選ぶとよいでしょう。

  1. ① どの分野の商品に投資をするか
  2. ② 長期型の投資にするか、短期型の投資にするか
  3. ③ 投資で利益を得る目的、目標にあった投資商品かどうか

これら3つの要点は投資をするすべての人が考えるべきことと言っても過言ではありません

とくに長期型と短期型の投資では、投資する商品や伴うリスクが大きく変わるため、目標や目的からどちらが向いているかを見極めましょう

投資の目的や目標が決まっていない人は、まず、どれくらいの利益を得たいのか考えてから投資する商品を選んでください。

30代からの資産形成に不動産投資が向いている理由

30代からの資産形成として不動産投資が向いている理由は主に4つあります。

  1. ① 年収や勤続年数も高まり融資が通りやすくなる
  2. ② 用意できる金額が大きく、20代よりも投資先の物件数を増やしやすい
  3. ③ ライフプランによっては繰り上げ返済も目指せる
  4. ④ ローンの完済が定年頃の範囲におさめやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①年収や勤続年数も高まり融資が通りやすくなる

不動産投資は、ほかの投資よりも大きなお金が動きます。そのため、金融機関から融資を受ける、フルローンで頭金をなくすなどの手も有用です。

ほとんどの30代は20代や新卒時よりも年収や勤続年数が多い場合がほとんどで、金融機関の審査も通りやすくなるのです。

属性と呼ばれますが、

  • ・勤続年数
  • ・年収UP
  • ・継続した安定収入
  • ・勤め先の規模感
  • ・クレジットカードやスマホなどの割賦返済実績

これらが安定してくるのも30代で融資に対してのハードルが下がるため、資産形成を始める強みの一つなのです。

②用意できる金額が大きく、20代よりも投資先の選択肢を増やしやすい

20代からコツコツ貯金をしていた30代であれば、不動産投資のために用意できる金額が大きくなります。

物件によって値段は様々なので、用意できる金額が大きければ大きいほど物件の選択肢は増えるのです。また、金額が大きいほど好立地で人気な物件を手に入れられるのもメリットとなります。

③ライフプランによっては繰り上げ返済も目指せる

30代から不動産投資を始めたとしてもライフプランによっては、融資の繰り上げ返済を目指せます。

融資の繰り上げ返済ができれば、さらなる物件や商品に投資できるため、繰り上げ返済を目指してライフプランを考えるようにしましょう。

④ローンの完済が定年頃の範囲におさめやすい

30代であれば、融資を受けてローンで返済することになっても定年のうちに完済できる可能性が大いにあります。

現代の経済状況では、定年を超えてローンを払い続けながら生活をしていくことはかなり難しいでしょう。年齢が若ければ若いほど完済を早められるので、30代のうちに受けられる融資は受けておく方がベターです。

出費の増える30代だからこそ長い目で見た資産形成を

30代はほかの年代と比べ出費がかさむ時期でもあります。そのなかでも出産などで家族が増える人は、養育費などで継続した資金が必要となるでしょう。

その一助となるのが資産形成で増やしたお金です。不動産投資は副業にもなり、いざという時に家庭を支えるお守りのような存在にもなってくれます。

家計に響かないようなプランを立て、30代からの資産形成を成功させましょう。

▼30代で不動産投資に初挑戦!サトミと健人の体験漫画を読んでみる!▼

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む