はじめての不動産投資

【ビギナー向け】株やFXとどう違う?不動産投資による資産形成を解説

20代30代不労所得不動産投資若い世代資産形成

【ビギナー向け】株やFXとどう違う?不動産投資による資産形成を解説

昨今、不動産投資は手軽に始めやすい投資の一つとして、サラリーマンなどのビジネスマンに注目を集めています。

とはいえ「投資」は「投資」ですから、リスクはもちろんあります。しかし不動産投資はリスク管理しやすい投資ともいわれていて、初心者でも比較的始めやすいのが魅力の一つです。

同じ投資でも株やFXとはどのように違うのでしょうか。

当記事では、他の投資との違いや不動産投資による資産形成の概要について解説しています。これから不動産投資を始めようと思っている人や、投資で資産運用を始めたい思っている人必読です。

初心者でもチャレンジしやすい不動産投資

不動産投資は不動産を購入し、それを第三者に賃貸することで収益を得る投資です。いわば家賃収入ですね。

不動産を所持していて入居者がいる限りは家賃収入を得られるので「不労所得」としても注目を集めている投資方法です。

不動産投資は金融機関からの借入が成り立つ投資で、ミドルリスク・ミドルリターンの安定さが魅力。本業などで忙しいビジネスマンが「副業」に不動産投資を始めることも多くなってきました。

年金等の問題もあり、将来への不安を感じている若い世代が早い段階から資産形成の必要を感じて不動産投資に参入していく姿も珍しくなくなってきています。

ひと昔前のような「お金持ち」だけが不動産投資を行えるというものではなく、年収が4、500万円前後の20~30代が増えてきているのも時代背景の一つといえるでしょう。

不動産投資の大きなメリット

不動産投資には様々なメリットが存在します。


☑金融機関からの借入が可能で、ビジネスマンは本業があるがゆえに取り組みやすい
☑年金対策になる
☑生命保険代わりになる
☑節税対策になる
☑管理を一任できる
☑インフレ対策になる

上記をそれぞれ具体的に見ていきましょう。

【金融機関からの借入が可能で、ビジネスマンは本業があるがゆえに取り組みやすい】

ビジネスマンは本業があればその信用力で金融機関からお金を借り入れることが可能です。

公務員や大手企業であればなおさら借入しやすく、融資の際に有利になるケースも。勤続年数などの属性にもよりますが、最近は400万円台の収入であっても不動産投資ローンを組めるケースが多いです。

ひと昔前の不動産投資ローンと言えば、最低でも年収700万円台のビジネスマンにしかチャレンジできなかった分野ですが、現在は本業が安定していて継続的な収入を得られる立場であれば始めやすいと言えるでしょう。

他の投資と違って金融機関からの借入が可能な部分は大きな魅力の一つです。

【年金対策になる】

少子高齢化が進み、年金受給開始年齢も引き上げられ、更には2019年に老後2,000万円問題が話題になりました。

年金が手厚く約束されていた昔とは違い、公的年金と退職金だけで老後の生活費を賄うことはもはやほぼ不可能な状態です。

ゆとりある老後のためにも蓄えが必要ですが、若い世代は大きな資産を持って運用に回すだけの財力はほとんどありません。金融機関からの借り入れが可能で長期的に取り組める不動産投資であれば、コツコツと将来へ向けた資産形成が可能でそれが年金対策にもなっていきます。

早い段階で不動産投資ローンを完済すれば、老後は家賃収入という「柱」が出来上がります

【生命保険代わりになる】

不動産投資ローンを利用する際は、団体信用生命保険に加入することが義務付けられています。

この保険に加入することでローンの返済期間中に死亡したり、高度障害などになった場合、ローンの残債は同保険から支払われます。不動産自体は家族に相続できますが、家族がローンの返済を引き継ぐ必要は無いので、死亡保険代わりになるのです。

【節税対策になる】

不動産投資に伴う必要経費(建物の減価償却費、ローン金利、固定資産税、都市計画税など)が差し引かれて課税所得が計算されるため、所得税などの節税が可能です。

特に高所得のサラリーマンなどはこうした節税で得られるメリットは大きく、資産形成の足掛かりになることが多いです。また、相続税対策としても不動産投資は有益です。

【管理を一任できる】

不動産投資は不動産投資会社に管理を一任できるという特徴もあります。

株やFXなどはそうはいきませんが、物件の購入や事務手続き、購入後の管理業務などをすべて一任できるのは大きな強みでしょう。本業持つ忙しいビジネスマンにとっては、これはたいへん大きなメリットと言えます。

安心して管理やアフターフォローを任せられる不動産会社選びが重要です。

【インフレ対策になる】

不動産投資はインフレ対策としても効果を発揮してくれます。

例えばインフレで物価が上昇すれば預貯金は目減りしていきますが、不動産価格や家賃などはインフレとともに上昇していきます。不動産投資を所有しておけば、現預金だけに比べてインフレが起こった時のリスクを低減することが可能です。

株やFXとの違い

不動産投資は、上述したように管理を一任できる強味があります。株やFXなどは株価やレートの変動を予測したり、売買を行ったり、常に最新の情報を入手しながら株価やレートの予測をし続けなければなりません。

多忙なビジネスマンにとってこれは現実的ではありません。また、どれだけ情報収集を行っても動きを確実に予想できるものではなく、あっという間に損失が出て市場からの退却を与儀なくされる場合も珍しくないのです。

その点不動産投資は基礎知識を勉強し、優良な不動産投資会社を選ぶことができれば、着実に安定して資産形成が可能です。株価やレートのように短期間で不動産価格が変動することはなく、リスクヘッジがしやすいのも強みです。

また、他の投資とは違って不動産投資は「不動産投資ローン」という金融機関からの大きなバックアップがあります。投資を行う際にローンが組めるのは不動産投資だけです。

「投資を始めてみたいけれど何の知識もない」「大きなリターンでハイリスクを背負うよりも、着実に資産を形成したい」という投資初心者にピッタリの投資方法といえます。

早い段階から始めることで長期的かつ安定した資産形成が叶う

不動産投資はきちんと基礎知識を勉強して信頼できるパートナーを選べれば、長期的で安定した資産形成が叶う投資方法です。

特に若い世代から早い段階で始めれば、将来の資産に大きな差が出ると言っても過言ではありません。預貯金だけでは賄えない老後の資産形成にも最適な方法と言えるでしょう。

家賃収入は投資期間に比例するため、投資開始が遅くなるほど生涯で得られる収入にも数百万円単位の差が出ます。

ライフプランとリスク管理対策をしっかりと立て、不動産投資アドバイザーと相談しながらより良い選択を目指していきましょう。

▶合わせて読みたい:【初心者向け】不動産投資とは何か?仕組みと基礎知識を徹底解説!
【20代で始める不動産投資】若くして始めるメリットと注意点 ▶資産形成のお悩み相談は個別面談がオススメ!

②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


▶まずはメルマガで情報収集する!

②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む