はじめての不動産投資

会社員でも取り組める資産形成の手段は不動産投資!そのメリットを紹介

サラリーマン不動産投資年金対策×不動産投資資産形成

会社員でも取り組める資産形成の手段は不動産投資!そのメリットを紹介

資産形成をいざ始めようと思った会社員の方にありがちなのは、あまりにも方法が多すぎてどれがベストなのかわからなくなってしまうということです。

資産形成の手段には、株やFX取引、仮想通貨などの最近話題のものから、不動産投資や預貯金までさまざまな方法があります。

本記事では、それぞれの方法について解説しつつ、不動産投資が最もおすすめの資産形成の手段である理由をご紹介していきます。

会社員向けの不動産投資を含めたさまざまな資産形成の手段をチェック

まずは、会社員向けの不動産投資も含め、さまざまな資産形成の種類についてみていきましょう。

収益が低すぎる商品(預貯金・外貨預金・個人向け国債)

最もメジャーな資産形成の方法が、預貯金です。しかし、ご存知のとおり、いまは銀行にお金を預けていれば、勝手にお金が膨れ上がっていくような時代ではありません。

外貨預金や個人向け国債も同様で、あまりにもリターンが少なすぎるため、もはや資産形成として成り立っていない方法です。

収益が高くてもリスクが高すぎる商品(FX取引・仮想通貨・先物取引)

FX取引を始めとしたこれらの資産形成方法は、うまくいけばどの資産形成方法よりも収益を出すことができますが、失敗したときの負債も非常に大きい方法です。

為替の変動や取引所の倒産などの避けられないリスクを背負っているこれらの方法は、安定した資産形成の手段とはいえないでしょう。

運用が難しい商品(株式投資・投資信託)

株式取引を始めとしたこれらの方法は、一度は頭をよぎる資産形成の手段であると思います。

しかし、これらの方法は、取り扱いを熟知している人間ならば安定した収益を出せるものの、そうでない人間には非常にハードルが高いです。

特に会社員の場合はこれらの運用方法を学ぶ時間を確保しづらく、仮に学ぶことができたとしても、資産形成自体に時間が取られてしまい、運用していくことは難しいものです。

資産形成は将来の生活を充実させるために重要なことですが、現在の生活がおろそかになってしまっては意味がありません。これらの方法は、働いている会社員には向いていない方法であるといえます。

一定条件を満たせば収支バランスがよい商品(不動産投資)

不動産投資は、最初のハードルは高く見えがちですが、ポイントをしっかりおさえれば、安定して収益を出せる方法です。

条件は、

  • ・需要の高い物件であること
  • ・リスクが低い物件であること
  • ・投資効率が高い物件であること

などがあげられます。それらが判断できないという人に対しても、解決方法がきちんと用意されています。

不動産投資のメリットは足りない要素を外部からのサポートで補っていける点

握手

不動産投資の圧倒的な魅力として、手厚いサポートがあげられます。特に、時間が限られている会社員にとっては、大切な要素であるといえます。

ここからは、そうしたサポート内容について、解説をしていきます。

融資してくれる金融機関がある

資産形成を行うにはまずお金が必要です。FX取引にしても株式投資にしても最初の財産は必要ですが、不動産投資に関しては、ローンを組むことができます。

もちろん、後々返済をしていかなくてはいけませんが、その返済の費用を不動産投資の収入で賄えば問題ありません。

FX取引の場合は、3,000万借りようと思っても低金利で借りられることはありませんが、不動産取引ならば、ローンという形態を用いることによって限りなく少ない金利でお金が借りられます。

そのため、ほかの資産形成方法に比べてハードルは低いといえます。

二人三脚で物件運用を手伝ってくれるアドバイザーの存在がある

アスクルパートナーズを始めとしたアドバイザーが多いのも魅力です。ライフプランニングに沿った投資計画の作成や、不動産のノウハウ伝授など、手厚いサポートを受けることができます。

管理会社によるサービスがありすべてを自分で行う必要がない

株式投資などは常に自分で株価を管理していく必要がありますが、それらを代理で行ってくれる会社はありません。一方、不動産投資の場合は、物件の管理やトラブルの対応を行ってくれる管理会社が存在するため、自分自身ですべてを管理せずに済みます。

特に物件の管理などは専門の知識がなければわからないことも多く、それらを完全に管理会社に委託することによって、知識が少なくても資産運用を行うことができるのです。これは、ほかの資産形成方法にはない圧倒的メリットだといえます。

本業への影響を抑えて資産運用をしていける不動産投資は会社員にこそ向いている!

会社員の方にとって、資産形成にかけられる時間は決して多くはありません。

株式取引の場合は、日中の働いている時間に大暴落する可能性もあり、常に株価の変動を気にしなければならず、落ち着いて業務に集中できなくなることもあるでしょう。

一方、不動産投資ならば、自分ですべてを管理する必要がなく、資産形成に費やす時間を限りなく少なくすることができます。

また、不動産投資は物件の価値の変動が激しくなくリスクが少ない資産形成方法です。

株価のように日中のわずかな時間で、価値がなくなってしまうようなことはありません。そのため、働いている会社員にこそ向いている資産形成方法であるといえます。

安定した生活を送るために、不動産投資による資産形成をぜひご検討ください。

①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む