不動産投資をもっと知る

ステップアップ!読んでおきたい書籍ベスト5-不動産投資中級~上級者編-

ステップアップ!読んでおきたい書籍ベスト5-不動産投資中級~上級者編-

初心者向け!読んでおきたい書籍ベスト5-不動産投資入門編ーで紹介した書籍を読んだら、次は当記事でより深い不動産投資の知識を習得していきましょう!

中級者~上級者向けの書籍を5冊ピックアップしています。これから不動産投資に参入する人も、すでに不動産投資を始めている人にもオススメの内容です

不動産投資中級~上級者向け!ステップアップをしたい人にオススメの書籍

不動産投資に関する書籍は多く販売されていますが、大半が初心者向けの内容となっています。そのため、既に不動産投資をしている人は下記のような思いを抱えたこともあると思います。

  • 不動産取得後の運用についてもっと詳しく知りたい
  • 初歩的な内容ではなく、掘り下げた内容の本を読みたい
  • 不動産を買い進めるときに起きる具体的な問題やその対処方法が分からない

そんな人たちに、不動産投資中級~上級者向けのオススメの書籍を5冊を紹介します。これから不動産投資を始める人にも、すでに不動産投資を始めている人にも参考になる内容が詰まっています。

ステップアップするなら書籍で知識のアップデートをする

実際に不動産を購入してみると、購入時には想定していなかったようなことがいくつも発生します。そういった問題を1つ1つクリアしていくためにも、知識をアップデートしていく必要があるでしょう

また「今よりも不動産を増やしていきたい」と考えている人も、新たな知識を加えていく必要があります。1つ目の物件を購入するのと、2つ目、3つ目と買い進めていくのでは、運用方法も異なります。不動産を買い進めていくのであれば、物件のポートフォリオや法人化などの戦略が必要になり、1つ目の物件を購入したときよりも考えるべきことが多く存在します。

これらの知識を得るためにも「必要な書籍を読む」ことで自身をアップデートしていかなくてはなりません

書籍には、自分よりも不動産投資の経験が長い投資家が、不動産投資に必要な考え方やトラブルの回避方法などを書いています。これらの情報を、自分の状況や起きている問題と照らし合わせて柔軟に運用に取り入れていくことが大切です。

書籍で不足する情報はセミナー参加や個別相談を利用しよう

実際のところ、書籍で知識をアップデートするには適さない部分もあります。たとえば、現在の市況であるとか、直近の融資状況などは、書籍の情報は当てにならないでしょう。こういった情報には必ずトレンドがあり、トレンドは刻々と変化していくからです。

書籍は少なくとも出版までに数か月はかかるので、私たちが書籍から得る情報は最低でも「数か月以上前」の情報になってしまいます。とくに「融資状況」については、不動産を買い進めるにあたって必要な情報です。しかし、大半の人にとっては集めることの難しい情報でもあります。

このような場合には、不動産投資会社のセミナーや個別相談を利用するのも良い方法です。

【書籍】

  • 不動産投資に対する普遍的な考え方
  • 数年~数十年変わらないテクニック

【セミナーや個別相談】

  • 現在の市況
  • 直近の融資状況
  • 特選物件情報

上記のように、書籍とセミナーや個別相談を併用しながら知識をアップデートするのが良いでしょう

中級~上級必見!不動産投資の知識と行動をステップアップするときに読んでおきたい書籍ベスト5

これらを踏まえたうえで、中~上級者向けにオススメの書籍を5つピックアップしました。どの書籍も実践的な内容が書かれています。

  • 1.不動産投資のお金の残し方 裏教科書
  • 2.不動産投資専門税理士が教える不動産投資の「収益計算」本格入門
  • 3.サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい 1000万円生活を謳歌する
  • 4.空室対策のすごい技
  • 5.1日30分で年4000万円稼ぐ!スマホ1台でらくらく儲かる不動産投資法

最初の3冊が不動産投資でお金を残すために必要な、収支と税金の考え方をメインに取り扱った書籍です。これらを読むと、税金がどのようにかかるのかということを含めた不動産の収支をしっかりと理解することができるので、キャッシュフローを改善させながら規模を拡大する方法が分かるでしょう。

後半の2冊は、賃貸経営をするうえで、効率的かつ高収益になるような方法が書かれた書籍です。これらの書籍を読むと、空室率を改善させたり、賃料UPを成功させることで、現状の賃貸収益をより高収益にするための方法や、不必要にかかってしまっている時間を削減し、効率的に賃貸管理する方法などが理解できます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.不動産投資のお金の残し方 裏教科書

同書籍は、既に不動産を所有しているけど、税金の知識がない人にとくにオススメしたい1冊です。不動産投資で稼ぎたいのであれば、不動産の知識だけでなく、税金についても詳しくなる必要があります。なぜなら税金についての知識を持って、適切な「節税」を行うことが、キャッシュフローを改善することに繋がるからです

もちろん、利益の出る物件を購入することが大前提なので、どういった物件を購入すれば良いかということも本書では書かれています。この書籍を読めば、「節税」+「良い物件の選び方」の両方の知識を得ることができます。

2.不動産投資専門税理士が教える不動産投資の「収益計算」本格入門

この書籍は、不動産投資の収支が実はあまり分かっていない人に読んでほしい1冊です。本書では、実際の投資家が成功した方法が数多く載っていて、その成功例の収支計算まで詳細に解説しています。

不動産投資では、収入と支出が他の投資に比べて多く、税金や減価償却費などもかかるため、最終的に利益が出ているのかが分かりにくい投資です。そのため、しっかりと「損益計算」ができるようになっていないと、「実は損をしていた」といったことになりかねません。

また、金融機関の融資においても、「収益のシミュレーション」が重要です。このような知識と実際の計算方法を理解するためには、非常に勉強になる内容です

3.サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい 1000万円生活を謳歌する

この書籍は、不動産収入が増えたことで法人化するかを考え始めた人に最適な1冊です。法人化するメリット・デメリットや会社の作り方、法人化の成功方程式などについて分かりやすく解説しています。

不動産投資では「法人化」することでのメリットが多い投資方法です。もしまだ、個人で不動産投資をしているのであれば、ためになる内容が書かれているでしょう。

4.空室対策のすごい技

この書籍は1棟アパートを所有している人が読むとよい書籍です。現役の大家さんが、満室稼働させるために行っている「空室対策」のノウハウを一挙に公開しており、「入居率を上げるためのリフォーム」「入居者の心をつかむ究極の募集戦略」「内見時の成約率を上げる方法」などが記載されています

初心者から上級者まで対策のレベル分けがされているので、自分のレベルにあった方法を取り入れることができるでしょう。この書籍に書いてあることを実践すれば、低予算でも、他の物件との差別化を図ることができ、入居率が上がるのではないでしょうか。

5.1日30分で年4000万円稼ぐ!スマホ1台でらくらく儲かる不動産投資法

この書籍は複数物件を所有している人(所有していきたい人)にぴったりの1冊です。タイトルだけを見ると「楽して儲ける」という怪しい内容に感じてしまうかもしれません。しかしこの書籍で書かれているのは、「スマホを使ってどれだけ効率的に不動産投資ができるか」ということです。

物件探しから賃貸管理・メンテナンスまで、どのようにスマホを活用すれば効率的に行うことができるのかが紹介されています。副業で不動産投資をしている方は「不動産投資の拡大をしたいけど、管理に時間を取られたくない」といった悩みがあるはずです。

このような悩みを持っている人や、できるだけ時間をかけずに不動産投資を行いたい人にとって、役立つ情報が書かれているでしょう。

書籍を読んだ後は不動産投資を実践する、または戦略を見直すタイミング

書籍を読んだ後は、知識を実践していくことが大切です。簡単に取り入れられる部分でいえば賃貸管理の効率化でしょう。

不動産業界は全体的に古い業界のためIT化が進んでおらず、非効率な部分が多々あります。慣習に従うだけではなく、「時間がかかる(かける)こと」を美徳とする昭和的な考えから脱却し、可能な限り効率的に賃貸経営をしていくことも検討しましょう。

とくに不動産投資を副業として行っている場合は、いかに労力を最小限にするかということを意識することが大切です。

中古ワンルームマンションを買い進める戦略も取れる

戦略を見直すことも必要不可欠です。新しい知識が加わったことで、今までデメリットと感じていたことが無くなったり、見えていなかったメリットが分かるようになっているはずです。

今後、不動産投資を拡大して物件を買い進めていくためには、どのような手順で進めればよいかを改めて考えていきましょう。戦略を考えたら

  • なぜその方法を取るのか
  • その方法は実現可能なものか
  • 他の方法とのメリット・デメリットは何か

上記の内容を人から聞かれても答えられるくらい、明確にしておきましょう。たとえば、投資額の小さい中古ワンルームマンション投資で物件を分散し、リスクヘッジしながら規模を拡大している場合は、規模の拡大とともに管理しなければならない物件数が増えるので、非効率的な賃貸管理のデメリットが大きくなってしまいます。

このような管理の煩雑さを懸念し、中古ワンルームマンションを買い進める戦略を取っていなかった場合などは、今回の戦略の見直しで新しい候補に入れることができるでしょう。

ステップアップ時は、セミナー参加や個別相談も同時に進めることが重要

一方で、書籍を読んで簡単に実践しにくいもの、たとえば「法人化」などはどのように実践へと進めれば良いでしょうか。

自分一人ではすぐに実践できそうにないものについては、不動産投資に精通したプロに相談するのがベストです

書籍だけでは実際のイメージがつきにくかったり、疑問に回答して貰うことはできませんが、既に不動産投資で同じ道を通ってきた人や、不動産のプロに相談することで明確な道筋がイメージできるようになるでしょう。

また不動産投資におけるトレンドについても、書籍は不向きです。実際に不動産を買い進めていくのであれば、セミナー参加や個別相談が有効です。日々、不動産に触れているプロは、私たちよりも市況の変化に敏感なため「マーケットにおける利回り(キャップレート)」や「融資に積極的な銀行」という情報を持っています。

これらの情報は鮮度が重要なため、できるだけ新しいものが入るような状況にしておくと良いでしょう。

個別相談も無料のアスクルパートナーズセミナーに参加しよう!

上記、トレンドや最新情報を入手する場合は、不動産投資会社が行う無料セミナーに行くのが一番効率的です。

セミナーの後に無料で個別相談を行ってくれる不動産会社もあるため、そのようなセミナーに参加すればスムーズでしょう。なかには強引に不動産物件を勧めてくるような会社もありるので、口コミや実績を調べておきましょう。大抵の場合は継続的にwinwinとなれる関係を築こうとしてくれるはずです。

アスクルパートナーズでも無料でセミナーや個別相談をしているので、ぜひ活用してみてください。

今回は「不動産投資中級~上級者向けのおすすめの書籍」を5冊紹介しました。既に不動産投資をしている人や、これから不動産投資を拡大していきたい人にとっては、どの書籍も役に立つ内容です。

書籍で得られる情報と、書籍では得られない情報を正しく認識したうえで、情報の棲み分けと取捨選択を行うことが有効です。アップデートした情報や知識を行動に移し、不動産投資を拡大していけるように取り組んでいきましょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む