はじめての不動産投資

不動産投資の相談は誰にする?最適な相談窓口と担当者の見分け方

不動産投資の相談は誰にする?最適な相談窓口と担当者の見分け方

安定した不労所得が得られると人気の不動産投資。最近では若い世代からでも始めやすい人気の投資の一つです。とはいえ、ビギナーにとっては不動産投資を始めるまでにはいくつものハードルがあります。

物件の選び方は?頭金はどれくらい必要?そもそも不動産投資って何から始めらばいいんだろう?など、不安や疑問が先立ちますよね。始めやすいとはいえ、そこはやはり投資。信頼できる専門家の意見を聞いて、疑問を解決しながら進めたいですよね

不動産投資を始めるにはどのような相談窓口に行けば良いのか、どんなアドバイザーを選ぶべきなのか、不動産投資の相談についてまとめました。

不動産投資を始めたい!誰に、どこに相談すればいい?

不動産投資を始めようと思っても、まず何をどうすれば良いのか分からず、調べるのも面倒くさくなってしまう人が多いのではないでしょうか。不動産投資は株式やFXと違って、そこまで正確な情報が出回っていないことがネックなのも要因でしょう。

不動産投資家が書いているブログやメルマガを見てもイマイチ良くわからないし、失敗と成功の差がありすぎて参考にならない……そこで本当に信頼できる相談窓口が必要ですが、相談相手すらどうやって選んだら良いか分からないのが現実ですよね。

確実に信頼できる不動産投資のアドバイザーを探すには、次の2つの手段が基本となります。

  • ①アドバイザーによる個別の無料相談を利用する
  • ②無料セミナーに出席して不動産投資について学ぶ

この2つの方法であれば、ビギナーでも簡単に不動産投資アドバイザーに意見を聞くことができます。無料相談やセミナーについて詳しく見ていきましょう!

無料相談やセミナーを活用!

まず、不動産投資アドバイザーに相談するには、不動産会社の個別無料相談やセミナーを利用するところから始めましょう

個別相談は、不動産投資のプロであるアドバイザーにマンツーマンで相談することができます。1対1なので、個人的な資産状況や不動産投資でどれくらいの収益が欲しいかなど、かなり込み入った話ができるメリットがあります。相談の時間を無駄にしないよう、あらかじめ聞きたいことや不明点等をリストアップして行くと良いでしょう。

不動産投資セミナーは、講師が1人で大勢の参加者に対して講演を行います。マンツーマンの相談会とは異なり、勉強や情報収集がメインの目的となります。マンツーマンでの相談がしたい人は、終了後に相談会のオプションがついているセミナーに出席するか、セミナー終了後に後日の相談を依頼するとOK。

セミナーは、マンツーマンでの相談が不安な人や、不動産投資に興味を持ったばかりで知識に自信が無い人には入りやすいツールです。まずは不動産投資に関する一般的な知識が欲しいと考えているなら、個別相談の前にセミナーに出席がオススメです。

ですが、セミナーではあまり込み入った話はなく、あくまでも一般的な話がメインです。自分自身の個別の状況や目標に合った不動産投資をしていくには、やはりマンツーマンでの個別相談が不可欠です。セミナーである程度の知識を身につけたら、セミナー講師のアドバイザーや、他の会社のアドバイザーと会って話してみることを目標にしましょう。

各会社のアドバイザーの比較をする

不動産投資会社は、無料相談や無料セミナーを積極的に開催しています。最初から1社、または1人のアドバイザーに絞る必要は無いので、さまざまな会社の相談会やセミナーに行って比べてみることがキーポイントです。

不動産投資会社はそれぞれ個性や特性があり、複数社のセミナーに行くとその違いやカラーも分かりやすいです。

とくに不動産投資会社の特徴が現れるのが、おすすめの物件の種類です。新築ワンルームマンションを勧める会社もあれば、地方のアパート経営を勧める会社もあります。どのような不動産が自分に合っているか、自分が希望する運営方法を見極めるためにも、複数の会社やアドバイザーを比較検討することが重要です。

相談窓口を間違えると失敗する!?味方になってくれる営業マンの見分け方

不動産投資は数十年と長い月日を要する投資なので、失敗すれば人生設計に大きな影響を与えかねません。そこで重要なのが「良い相談窓口を選ぶこと」です。前述したとおり、無料相談や無料セミナーを通じて知り合ったアドバイザーが信頼できる人物かどうか、自分自身の目で見極めなければなりません。

「アドバイザーなんて誰も同じじゃないの?」「いいことをたくさん教えてくれる営業マンがいい」などとアドバイザー選びを安易に考えていると、自分が本来望んでいた不動産投資とかけ離れて失敗してしまうケースも少なくないのです。それらを踏まえて、本当に信頼できるアドバイザーの見分け方をチェックしておきましょう!

相談窓口を間違えたらどんな失敗があるのか?

残念ながら「絶対に投資を成功させたいから、プロの意見を聞きたい!」と不安に思う投資家の心理につけ込み、投資の経験も無いのにそれらしいアドバイスをしてお金を貰う悪徳業者も存在します。このような窓口に相談してしまうと、悲惨なことになってしまいます。

たとえば、老後のお金について不安があることを打ち明けたとき、「不動産投資は放置するだけで年金代わりの収入を得られる」と説明を受けるケースです。確かに投資が上手く行き続ければ老後に年金代わりの収入も得られますが、放置するだけで利益が出るとは言い過ぎでしょう

空室を出さないためにPRの努力をしたり、物件が老朽化したら修繕する必要があるので、不動産投資にはメンテナンスが必須です。このようなデメリットを知らないで投資を始めてしまうと、空室対策や物件の修繕に想定外の費用がかかり、利益が出ずに損益がマイナスになってしまうことも珍しくありません。

商売っ気が強すぎて、自分の意向を正しく汲んでくれない営業マンは遠慮したいものです。
では、どのようなアドバイザーであれば安心して相談できるのでしょうか。

頼りになるアドバイザーの見分け方

頼りになるアドバイザーや不動産投資会社は、リスクやデメリットも必ずきちんと説明してくれます。むしろリスクからオープンに説明し、そのうえで不動産投資のメリットや運用方法を一つずつ丁寧に説明してくれる場合が多いです。投資家が投資に失敗して損をしたら自社やアドバイザー自身の評判も悪くなるので、良いアドバイザーは目先の契約に飛びつくことはほとんどありません。リスクやデメリットを隠してまで不動産を売ろうとするのは危険すぎるからです。

不動産投資には地震や火災、入居者が家賃を滞納するリスクなど、投資家がどんなに気を付けても防ぎようのないリスクもあります。これらのリスクが発現すると投資家に負担がかかるので、良いアドバイザーは投資家がリスクについて理解したうえで承諾をとり、そして柔軟に運用方法を見直す手伝いをすることを大切にするのです。

一方で、メリットだけしか話さない担当者や、リスクやデメリットの説明は少ないのにメリットを大きく強調して話す担当者は、あまり信用できません。不動産投資会社にとってあなたは「お客さま」なので、物件を買ってもらうためにメリットを強調しすぎてしまう担当者が実在します。

良いことをたくさん教えてくれる担当者に任せれば、すべてが上手く行くような気がしてしまうかもしれません。ですが、デメリットやリスクを教えてくれない担当者の言うことを鵜呑みにすると、損をするのは投資家である自分自身ということを忘れないようにしましょう。長い不動産投資、高額な買い物は自分のライフプランに大きく影響します。いわば自分のライフプランをどこまで本気で理解して、バックアップしてくれるライフパートナーなのかどうかです。

自分の仲介手数料だけにしか関心が無く、投資家の人生には興味が無いアドバイザーだって山のようにいます。甘い言葉に惑わされてこのような担当者をライフパートナーに選ばないようにしましょう。

頼りになる担当者を見つけるまでは、焦って決めない方がベター

複数の不動産投資会社を回ってみると、それぞれの会社でカラーの異なるアドバイザーに出会います。「どの人もしっくり来ない」「いまいちピンと来る人がいない」と感じるなら、無理にそのなかからアドバイザーを決める必要はありません。他の会社、アドバイザーを当たってみましょう。投資は「いつまでに始めないといけない」といった期限がついているものではありません。本当に信頼できる相談相手を探すことが、不動産投資を成功させるカギです。焦らずにじっくりアドバイザーを選ぶことから始めましょう。

「こんなにたくさんの不動産投資会社を回ったのに、良さそうなアドバイザーが見つからないなんて、自分の見る目が無いのでは……」と不安になる場合もあるかもしれませんが、そんなことはありません。信頼できるアドバイザーは能力が高いだけでなく、相性が良いかどうかも重要です。諦めずに、自分に最適なパートナーを探しているということを忘れないでくださいね。

また、会う約束をする前にアドバイザーのことを調べ、相性が良さそうか考えてみるのも有効です。不動産投資会社はウェブサイトにアドバイザーのプロフィールを載せていることがあるので、調べてみて良さそうならアポイントを取ると効率よくアドバイザーを探せます

自分のライフプランを真剣に設計してくれる不動産投資アドバイザーを選ぼう

不動産投資は数十年と長い期間のローンの返済を経て収益化していく長期投資なので、人生設計と切り離すことはできません。先に少し触れましたが、投資計画だけでなくライフプラン全体を考えて設計してくれる不動産投資アドバイザーが何よりも重要です。

自分の右腕になるアドバイザーに出会うためにも、まずは自分自身がどのようなライフプランを実現したいのか具体的にイメージして書き出しておくと良いでしょう。住宅ローンの返済は何年残っているのか、引退は60歳か65歳か、それより早く引退したいのかなどです。これらの情報無しにライフプランを設計することはできないので、何も伝えられなければアドバイザーも困ってしまいます。

また、年収や金融資産の状況によってもおすすめの投資方法は変わります。現状の自分に関する情報も惜しみなくアドバイザーに伝えてください。あらゆる情報を総合して顧客に何を提案するかでアドバイザーの力量が分かれます。恥ずかしがらず、しっかりとコミュニケーションをとって、情報提供をしましょう。複数の会社で投資プランについてアドバイスを受ければ、どのアドバイザーが一番自分のことを理解してくれており、相性が良いかが分かるはずです。

良いアドバイザーに出会うためには、自分の情報を伝えて現状を把握してもらい、そこから提案される内容を比較するのが一番です。ですが、日々の生活に加えて大勢のアドバイザーとじっくり面談をして深い話をする時間を捻出するのも難しいでしょう。次の項目では、セミナーや個別相談を通じてざっくりと自分に合うアドバイザーを見極めるコツについて見ていきましょう。

個別相談やセミナーを通じて、自分と相性のいい担当者を見極めるコツ

良い担当者を見極めるコツについて、セミナーと個別相談の場合とに分けて解説していきます。

●セミナーで担当者を見極める方法

まず、セミナーを通じて相性のいい担当者を見極める方法です。セミナーでは1対1での話ができないため完璧に見極めるのは難しいのですが、判断材料はたくさん得られます。たとえば、前述したようにメリットだけでなくデメリットやリスクも解説してくれるかどうかは重要です。

他にも、言葉遣いや態度、身だしなみに違和感を覚えないかもチェックポイントです。不動産投資は数十年にわたってローンを返済していくもので、アドバイザーとの付き合いも必然的に長くなります。相手に対して違和感を感じる場合、あまり相性が良いとは考えられず、長期にわたって良い関係を築くのは難しいかもしれません。

セミナーに参加している人の雰囲気や質疑応答などで、担当者の空気感や受答えの対応などもよく観察しておきましょう

●個別相談で担当者を見極める方法

次に個別相談で相性の良い担当者を見極める方法です。1対1の個別相談なら、セミナーよりも担当者を見極めやすくなります。アドバイザーは顧客の情報をできるだけ多く仕入れて個人に合ったプランを作るため、相談者に対してたくさんの質問をします。どんな話題も親身かつ真剣にに話を聞いてくれる担当者で、自分が話しやすい人を選ぶと良いでしょう。

不動産投資のアドバイザーは顧客の年収や金融資産といった繊細な情報を扱うため、良い担当者はお客さまとの信頼関係を重視します。顧客の信頼を得られなければ自分のことを話して貰えないと知っているので、良いアドバイザーほど物腰が柔らかく、丁寧に接してくれるはずです。アドバイザーを選ぶときは、その人の印象も判断材料にしましょう。

まずはメルマガ登録やセミナーに参加してみよう!気になるアドバイザーを見つけたら無料の個別相談を予約すると効率的◎

アドバイザーを探すには無料相談や無料セミナーに出席するのが一般的です。どのセミナーに参加していいかわからない場合は、まずは優良そうな各不動産会社のメルマガを登録して情報入手するのも一案です。

信頼できるアドバイザーは、不動産投資のメリットだけでなくデメリットやリスクについても説明します。また、顧客のライフプランや年収、金融資産などを踏まえて個人に合った投資アドバイスをしてくれます。このような良いアドバイザーに出会えれば、投資の成功確率も確実に上がるので、相談窓口探しには手を抜かないようにしたいですね。

不動産投資の無料相談やセミナーは、ネットでも簡単に探すことができます。無料でプロの意見を聞くことができるので、積極的に活用していきましょう。

投資用不動産の売買を行うアスクルパートナーズでは無料セミナーを開催していますし、無料の個別相談も行っています。サイトにはアドバイザーの顔写真とともにプロフィールが載っているので、相談を申込むときに感じる不安も軽くなります。まずはこのような会社に相談してみて、信頼できる自分だけの不動産投資アドバイザーを見つけましょう。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む