はじめての不動産投資

不動産投資を始めるなら、融資の可能性が拡大する30代がベスト!その理由を詳しく解説

30代お金不動産不動産投資公務員資産形成

不動産投資を始めるなら、融資の可能性が拡大する30代がベスト!その理由を詳しく解説

現物投資である不動産投資は、融資の審査をクリアしたうえで物件を購入し運用します。つまり、現物不動産投資で融資を受けるためには、ある程度の社会的信用がなければ、そもそも借入は不可能ということになります。

では、不動産投資を始める年齢として、会社での仕事や給料が安定してきた30代は融資でどのように評価されるでしょうか。

今回は、不動産投資を行うにあたって30代という年齢がどのように評価されるのかについて詳しくみていきましょう。30代で不動産投資をスタートする場合の参考にしてみてください。

不動産投資を始めるには30代がベストって本当?

30代で不動産投資を始める場合、タイミングとしてはベストといえるでしょう。その理由を下記にまとめました。

1.長期的な投資に対する時間的な余裕がある

不動産投資に限った話ではないものの、30代であれば長期的な投資を想定してもある程度計算に基づいて考えていく余裕があります。会社勤めであれば役職に就く方も多くなる年代であり、20代よりも融資の際に評価としてプラスになりやすいのは事実です。

また、現物不動産投資は長期的な戦略を立てて運用していく必要があります。そのため、30代であれば今後の運用方針の変更なども含めて、余裕のある戦略を立てやすいといえるでしょう。

そして、長い期間での投資を前提とした場合、1棟だけではなく、複数の不動産を所有・運用することも視野に入れやすくなります。

2.勤続年数の長さから融資を受けやすい

同一の企業に勤めていることが前提となるものの、勤続年数は、融資の際の審査項目に含まれます。勤続年数だけではないものの、新卒で入社し30代まで務めた場合、社会人としてのステータスは十分だと判断できるでしょう。

年収などに関しては、企業によって大きく異なるものの、勤続年数がある程度長い方が審査に有利になる点も30代がベストだと言われる要因の1つです。

3.本業以外に取り組む余裕がある

ライフスタイルの多様化によって転職も考えられるものの、20代と比較して、本業以外に取り組む金銭的な余裕が生まれやすい点が挙げられます。

転職を行ってもほとんどの場合は、スキルや資格などを武器にする場合が多く、年収は上がりやすいため、勤続年数をカバーすることもできるでしょう。

また、本業がある場合、管理会社と契約する形になることが多いと想定できます。しかし、金銭的な余裕がなければ、管理会社と契約することができません。

現物不動産投資に関して、30代からのスタートは、社会的信用・年収・勤続年数など融資の条件を満たしやすい点がメリットです。

若い世代で不動産投資を始める方がいい理由

若年層で不動産投資をスタートする理由として更に以下のメリットが挙げられます。

  • 長期的な融資を検討しやすい
  • 知識の蓄積がしやすい
  • 挑戦できる期間が長い

融資の期間は制限されていないケースもあるものの、実際は働いてると想定できる期間内で設定することを念頭におきましょう。高齢になるほど、病気などのリスクが高まるだけでなく、返済する場合の資金を確保する手段が限られるためです。

どの投資でももちろんそうなのですが、現物不動産投資は絶対に成功するとは限らない投資方法です。例えば、物件に対して綿密にリサーチを行い、収益を見込んだとしてもその通りに行くとは限りません。また、本業が他にある場合、管理会社とのコミュニケーションが上手くいかなければ、入居や退去なども上手く管理できない可能性があります。

しかし、投資に向き合う時間が長ければ長いほど、失敗した場合でも切り替えが可能であり、今後の戦略を立て直すことが可能です。

そのため、投資を行うのであれば年齢が若い方が有利といえるでしょう。

30代は融資が通りやすい!?不動産投資ローンを組みやすい理由

不動産投資ローンの融資は、個人の信用情報と事業計画が審査対象になります。そのため、30代の場合、勤続年数や年収などにおいて、20代よりも要件を満たしやすいため、審査に通りやすいと判断可能です。

審査に関して言えば、自己資金をどれほど用意するのか、事業計画として、どのぐらいの金額を借りられるのかなど細かい戦略を立てる必要があります。不動産会社と相談を行ったうえで融資を行う流れとなるものの、個人の信用情報が大きく審査結果に左右するため、30代だから通りやすい訳ではない点に注意が必要です。

あくまでも、30代が審査に通りやすいといわれるのは、収入や勤続年数などが20代と比較して要件を満たしやすいためです。つまり、30代であっても要件を満たさない場合は審査に通ることは難しいといえるでしょう。

加えて、現物不動産投資は非常に大きな金額が動くものです。そのため、不動産投資ローンそのものに年収の制限がある場合も少なくありません。そのため、不動産投資ローンを利用する際には、自分がどのような要件を満たすことができるのかをある程度把握したうえで審査を受けましょう。

不動産投資ローンを組んだ後でも、マイホームは購入できる?

不動産投資ローンと住宅ローンは、併用することは可能です。目的は大きく異なるものの、不動産投資ローンを組んだ場合に、住宅ローンが組めなくなることはありません

仮に、不動産投資ローンと住宅ローンで悩む場合は、不動産投資ローンを先に組むことをオススメします。理由としては、不動産投資ローンで購入した物件の収入は、個人の年収に対してプラスにできる可能性があるためです。

家賃収入は、不動産所得となり、他の収入と合算することが可能です。つまり、運用が上手くいき、家賃収入が定期的に発生している場合、本業の収入に加えて家賃収入があるため、年収分を上乗せすることが可能です。

住宅ローンの場合は基本的に投資用ではないため、居住用以外の使い方ができません。そのため、一度ローンを組んだ場合、自分の収入からローンの金額を支払っていく必要があります

しかし、不動産投資ローンの場合は、毎月支払いが発生したとしても、家賃収入があればその収入でローンを支払い、残りの金額は手元に残ることになります。仮に、ローンを完済した場合には、家賃収入が毎月入ってくることになるため、年収に関してはプラスになると想定できるでしょう。

注意点としては、不動産投資ローンを組んだすぐ後では、住宅ローンを組むのが難しいパターンも少なくない点です。

このケースにおいては、不動産投資ローンはあくまでも借入であり、不動産投資としても上手くいくかどうかわからない状態です。加えて、不動産投資ローンを組んで契約した直後では、家賃収入が入ってくるとは限らないと想定できるでしょう。

そのため、不動産投資ローンを利用する場合、1年などの運用の運用期間を設け、収支としてプラスとなった場合に住宅ローンに申し込みましょう。

不動産投資を始めるのに最適な職業

不動産投資が向いている職業に関しては、サラリーマンや公務員、士業の人が挙げられます。

とくにサラリーマンや公務員の場合、融資の審査要件である勤続年数や勤め先、年収などの条件をクリアしやすいためです。加えて、企業内での役職や年収なども審査要件となっているため、サラリーマンや公務員の方は不動産投資を始めるのに最適な職業だといえるでしょう。

士業の人に関しては定年がないことだけでなく、収入がある程度確保できると判断されるため、融資を受ける条件をクリアしやすいといえます。

とくに前述した職業以外でも、

  • 勤続年数が長い
  • 定期的な収入がある
  • 社会的な信用が高い

などといった条件をクリアできる場合には、不動産投資に向いているといえるでしょう。

収入UPや不動産投資以外の副業も視野に入れよう!

融資を行う際に、気にしなければならないのは、金額の上限です。そして、限度額には年収が大きく関わっています

単純に、年収が多ければ多いほど、融資の金額も大きくなります。返済額も融資の金額にあわせて大きくなるものの、自己資金があれば、そもそもローンの金額を抑えることも不可能ではありません。

そして、不動産投資を行う場合は、副業なども一通りチェックしてみましょう。簡潔に言えば、不動産投資は対策を行っても確実に成功するものではありません。

そのうえで、他の事業や副業によって収入がアップすれば、不動産投資で失敗したとしてもカバーが可能です。成功した場合でも年収が向上するため、次の不動産を運用するための資金作りにも役立ちます。

まとめ

不動産投資をスタートする場合、30代はベストなタイミングだといえます。理由として、融資における勤続年数や年収などの条件をクリアしやすいためです。

また、20代と比較して役職に就くことも多く、年収が比較的向上していると判断されるため、30代での不動産投資は一般的に向いていると判断されます。

不動産投資とマイホームの購入は、ある程度を戦略を持って行う必要があるといえるでしょう。とくに、不動産投資が成功していれば、年収としてカウントできるため、マイホームの購入においてもプラスの要素となります

「不動産投資を始められるステータスはあるけど不安」「最適な職業ではあるけど年収が……」などと悩む場合は、アスクルパートナーズの「マンガで分かる、初めての不動産投資セミナー」「不動産投資セミナー」を利用してみましょう。プロが貴方の悩みを解決するサポートを行います。

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む