はじめての不動産投資

不動産投資を始めるのに資格は必要?あれば役立つ資格とは

アドバイザー選び不動産投資不動産業界初心者の方にオススメ資格

不動産投資を始めるのに資格は必要?あれば役立つ資格とは

ビギナーでも始めやすいと言われる不動産投資ですが、なんの知識もない素人が優良でない不動産投資会社や悪徳業者に騙されて結果失敗してしまう……ということも決して珍しい話ではありません。

ある程度は独学でも、書籍やネットで情報を吸収して身につけたり、セミナーや勉強会などに参加して最低限の知識を習得しておくに越したことはありません。

様々な情報があふれている中で、自分に必要な情報だけを取捨選択していくこともまた、大変なことです。今回は、不動産投資を学ぶときにあれば役立つ資格を紹介していきます。

不動産投資に何らかの資格は必要か

よく、不動産投資には建築士や宅建などの資格があると有利だという声をネットなどでも目にします。不動産が絡むので、確かにあれば有利にことが運びそうなイメージですが、不動産投資を始めるには何らかの資格があったほうが有利なのでしょうか。

初心者はとにかく勉強をしなくては!と思い込んでしまいがちですが、実際は不動産投資を始める際に必要な資格など何も必要ありません

そもそも建築士や宅建は難関資格で、資格取得する勉強が大変なうえに膨大な時間が必要です。

試験内容は主に民法をはじめ宅建業法や借地借家法、都市計画法、建築基準法などを学ばなくてはいけません。

そんな難しい勉強をしている時間があれば、複数の不動産投資セミナーに参加した方が間違いなく有意義です。ではなぜ、上記の資格を取得していると有利だと言われるのでしょうか。

不動産に絡む資格があれば、税法や業者とのやり取りに有利になる

建築士や宅建は不動産に関する法律を学びます。宅建業法や税法を学ぶことにより、不動産業者とのやり取りが優位に進んだり、必要な書類や準備物が理解できるというメリットはあるでしょう。

また、自身ですでにいくつか不動産を所有していて、今後頻繁に不動産売買を繰り返す可能性がある場合は「宅建業」の免許が必要になります。

「宅建業」は不動産を売却しながら資本を増やしてその資本を再投資に充てていく、というやり方を繰り返す人に必要な免許です。複数所有を考えていて、出口戦略として売買を繰り返しながら投資規模を拡大していきたいなら、「宅建業」の免許を取得しておいた方が良いでしょう。

ですが、自身が宅建士の資格を取得しなければならないということには結びつきません。あくまでも複数所有の不動産売買を繰り返す場合において宅建業免許が必要なだけです。

また、わざわざ一から自身が宅建士の資格を取得をしなくても、宅建士の資格を保有している従業員を雇えばことが済みます。

数ある不動産投資に関する資格

宅建以外にも、不動産投資に関する資格は国家資格、民間含めて数多く存在します。上記で挙げた建築士はもちろん、マンション管理士や不動産鑑定士、土地家屋調査士、FP技能士などが挙げられます。

いずれも不動産や土地に関する資格ではありますが、不動産投資に直結する資格ではありません。民間資格でいえば建設業権利検定や不動産コンサルティング技能検定、不動産実務検定などがあります。

不動産投資によさそうと思うネーミングの資格も多いですが、実際は賃貸業や管理方法を学ぶためのものがほとんどです。一番実践的な民間資格として、不動産実務検定という民間資格がありますが、こちらは不動産投資の実務ノウハウを学べる資格なので、一番気軽に不動産投資について学べるでしょう。

不動産投資を学ぶには書籍、ネット、セミナーの3本柱がベター

上記のことから、不動産投資にチャレンジしようと思っても必要な資格などはありませんし、資格の勉強をするぐらいなら不動産投資自体を学ぶ方がはるかに懸命と言えます。

不動産投資を学ぶには

☑書籍

☑ネット

☑セミナー

これら3本柱が基本と言われています。しかも、この3本柱をバランスよく学ぶことが大切で、どれか一つだけに絞って学ぼうとするのはオススメできません。

なぜならそれぞれにメリットデメリットがあるからです。

書籍のメリットデメリット

【メリット】

☑安価で新鮮な情報を入手できる

☑忘れたらいつでも見返して復習できる

☑手軽に不動産投資について学べる

書籍のメリットは何といっても手軽で安価に不動産投資について学ぶことができるところです。手元に置いておけばいつでも情報を復習できますし、自分に合いそうな書籍を選べばスムーズに知識を習得できるでしょう。

【デメリット】

☑情報が古い場合がある

☑偏った情報しか載っていない場合がある

☑飽きると読まなくなる

デメリットとしては、情報の鮮度が落ちていることが多々あることが挙げられます。また、著者によっては偏った情報が特筆されている場合も多いです。飽きると手に取らず学ぶ意欲が落ちてしまいやすいのもデメリットと言えます。

合わせてせて読みたい:初心者向け!読んでおきたい書籍ベスト5-不動産投資入門編ー

ステップアップ!読んでおきたい書籍ベスト5-不動産投資中級~上級者編-

ネットのメリットデメリット

【メリット】

☑スマホで手軽に情報を入手できる

☑SNSやブログなど多くのオーナーの経験談が読める

☑お金がかからない

ネットのメリットはとにかく手軽にいつでも情報を入手できるところです。実際に成功している不動産投資オーナーのブログやSNSをチェックすることでモチベーションが上がったり、成功法を見つけられる場合もあります。

【デメリット】

☑偏った情報や誤った情報も多い

☑自分がいいと思った情報しか見ようとしなくなる

ネットの情報は手軽に入手できる分、新鮮に感じてしまうかもしれませんが、それは大きな間違いです。実際に更新されているのは数年前のものだったり、読者を騙そうとする悪質な情報ブログなども多く存在します。それらを見極められずに鵜呑みにしてしまって失敗する人もかなり多いです。

また、気軽に調べられるがゆえに、自分に都合のいい情報しか見ないというような心理が働くこともあります。

セミナーのメリットデメリット

【メリット】

☑プロのアドバイザーに質問できる

☑不動産投資業界の新鮮な情報が入手できる

☑不動産投資会社を目利きできる

不動産投資セミナーは、直に不動産投資会社のプロのアドバイザーが解説してくれるので、わかりやすく専門家の知識を入手できるメリットがあります。無料のセミナーも多いので、数多くのセミナーに参加すれば知識が増えることはもちろん、優良な営業マンや業者を見極める目も養えます。

【デメリット】

☑営業に合う可能性がある

☑不都合なことは話さない可能性がある

投資セミナーは営業マンに不動産投資をプッシュされるケースがあります。押しの強い営業マンもいるので、苦手な人にとってはデメリットと言えます。また、業者によっては不都合なことを隠してメリットしか話さず、デメリットをきちんと伝えないというセミナーもあります。

不動産投資は資格がなくても知識がなくても挑戦できる!

不動産投資は特に資格がなくても知識がなくても始めることが可能です。株式やFXなどと違ってミドルリスク・ミドルリターンという比較的安定した投資方法でもあるうえに、優良なアドバイザーに出会えれば高確率でスムーズに参入可能だからです。

初心者であればあるほど独学で済ますだけでなく、必ずプロの意見やアドバイスを参考にしながら二人三脚でチャレンジした方が成功の近道であることは間違いありません。

まずは3本柱で最低限の知識を得ながら、自身に合う担当者を見つけることが大切です。セミナーや個別面談などで右腕になってくれるアドバイザーを探しましょう。

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む