はじめての不動産投資

本格的に不動産投資を始める前に!不動産投資型クラウドファンディングで不動産投資のいろはを学ぼう

クラウドファンディング不動産投資ローン初心者の方にオススメ

本格的に不動産投資を始める前に!不動産投資型クラウドファンディングで不動産投資のいろはを学ぼう

不動産投資と一言でいっても実は多数の種類があります。そして、不動産投資型クラウドファンディングも不動産投資の新しい形として、浸透しつつある状況です。

では、不動産投資として比較的新しい手法である不動産投資型クラウドファンディングとはどういったものなのでしょうか。今回は、不動産投資型クラウドファンディングの概要や投資を行うことで学べるポイントなどについて詳しくみていきましょう。

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、サービス提供事業者が直接不動産を購入・運営し、その利益を出資した人々に配分する仕組みのことです。


【出資者】

お金の流れ:出資後、成功した場合に利率に合わせて分配される
所有権・登記:なし
建物の管理:なし

【サービス提供事業者】

お金の流れ:出資者から受け取って不動産を取得・運営する
所有権・登記:有り
建物の管理:有り

サービスの特徴として、出資者は管理の必要がなく、物件ごとに分かれている案件に投資を行います。さらにいえば、一棟マンションや戸建てなどの居住用物件だけではなく、ホテルや幼稚園といった物件まで投資できるケースもあります。

また、不動産投資型クラウドファンディングの場合、投資を行う前から利率は決まっているため、成功した場合の金額を把握できる点も特徴だといえるでしょう。現物不動産投資では、買い主がこういった計画を策定しなければならないものの、不動産投資型クラウドファンディングの場合は、戦略部分はサービス提供事業者に任せられます。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット・デメリット

不動産投資型クラウドファンディングの概要を知ったうえで、以下のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。


【メリット】

☑少額から投資できる
☑管理を任せられる
☑個人では出資しにくい案件にも出資できる
☑優先劣後で資産減少を防げる
☑リターンが把握できる

【デメリット】

☑元本保証はない
☑出資できるとは限らない(出資の権利は挑戦か先着)
☑途中解約ができない

不動産投資型クラウドファンディングの最大のメリットは、不動産投資を10,000円から行えることです。仮に現物不動産投資を行う場合、数千万円単位の融資などを受けたうえで不動産を購入し、運用していかなければなりません。

しかし、不動産投資型クラウドファンディングであれば、数万円程度から出資することが可能であるため、一度に複数の不動産に投資することも可能です。また、管理の必要がないため、最低限の不動産の知識で投資をスタートすることができるでしょう。

対して、不動産投資型クラウドファンディングのデメリットは、元本保証がない点です。あくまでも投資であるため、収益が必ずプラスになるとは限りません。たとえば、家賃収入がメインの場合、集客が上手くいかなければ、当初の目標の利益を確保するのは難しいといえます。

優先劣後方式の採用によって、事業者の資金から損失を割り当てるサービス提供事業者もあります。しかし、サービス提供事業者の資金割合を上回る損失があれば、元本割れの可能性がある点は投資を行う前に把握しておきましょう。

不動産投資にまつわるポイントを実践しながら簡単に学べる

不動産型クラウドファンディングのメリットとデメリットをふまえたうえで、現物不動産投資とは以下のような共通点があります。


・最終的な物件選択は出資者(買い主)が行う必要がある
・物件の周辺状況から利益を確保できるか検討する
・信頼できるサービス提供事業者か見極める必要がある

不動産投資型クラウドファンディングは、案件ごとに物件の条件が異なります。そのため、最終的にその物件で利益が出るかどうかを見極めるのは、出資者です。運用を任せられる場合でも、周辺環境や立地を把握していなければ、最終的に利益が残るのかどうかを判断するのは難しいといえるでしょう。

初歩的な物件選定や出口戦略などにも便利

不動産投資型クラウドファンディングの場合、物件はサービス提供事業者が選定します。しかし、その物件の条件によって利益が出るかどうか判断するのは、出資者です。

ちなみに、物件情報としては、築年数や駅からのアクセス、修繕履歴など細かい条件を把握することが可能です。さらに、事業者によっては、家賃収入がメインなのか、物件の売却による売却益が目的なのかを物件ごとに示しているサービス提供事業者もあります。

直接出資を行っていなくても、物件の情報から中止した金額に対して還元が行われたかどうかなどは、サービス提供事業者の情報からすぐにリサーチできます。そのため、収益が発生したか、気になる物件があればチェックしておくことで今後に役立てられるでしょう。

不動産投資を本格的に始める前の、ステップアップとして実践してみよう!

不動産投資型クラウドファンディングは、不動産投資に必要なポイントが全て含まれています。たとえば、同様の条件の物件を運用する場合も、不動産投資型クラウドファンディングで得た知識は役に立つでしょう。

また、資金が少なくても住むことから、好条件の物件に対して複数出資することも可能です。注意点としては、金額や物件の情報はわかるものの、管理のノウハウは蓄積できない点は把握しておきましょう。

不動産投資を始めるときは、信頼できるアドバイザーを見つけておく

不動産投資型クラウドファンディングは、サービス提供事業者も利益を確保するために物件探しに全力を注いでいます。これは、既に不動産を運営できるノウハウを自社で有しているためです。

しかし、現物不動産の場合は、市場にあるどのような物件でも資金さえ用意できれば取得することが可能です。つまり、ノウハウや知識のない状態で現物不動産を行う場合はリスクが大きいといえます。

そのため、実際に現物不動産投資をスタートする場合は、信頼できるアドバイザーを探しておきましょう。現物不動産投資の場合は、管理の方法だけでなく、最終的なゴール戦略なども自分で行う必要があるためです。

加えて、多額の資金を用意する必要があるため、運用方法や資金によっては、ライフプランに影響が出る可能性もあります。現在の資産状況と投資プランなども合わせて相談できるアドバイザー探しは大切だといえるでしょう。

まとめ

不動産投資型クラウドファンディングは、あくまでも不動産投資のハードルを下げるためのものです。自分で運用する必要がない点や管理を気不動産投資型クラウドファンディングは、サービス提供事業者も利益を確保するために物件探しに全力を注いでいます。これは、既に不動産を運営できるノウハウを自社で有しているためです。

しかし、現物不動産の場合は、市場にあるどのような物件でも資金さえ用意できれば取得することが可能です。つまり、ノウハウや知識のない状態で現物不動産を行う場合はリスクが大きいといえます。

そのため、実際に現物不動産投資をスタートする場合は、信頼できるアドバイザーを探しておきましょう。現物不動産投資の場合は、管理の方法だけでなく、最終的なゴール戦略なども自分で行う必要があるためです。

加えて、多額の資金を用意する必要があるため、運用方法や資金によっては、ライフプランに影響が出る可能性もあります。現在の資産状況と投資プランなども合わせて相談できるアドバイザー探しは大切だといえるでしょう。

また、初心者であれば、不動産投資型クラウドファンディングも含めて、投資の方法から運用方法まで相談できる本格的なアドバイザーが必要といえるでしょう。

そこで、アスクルパートナーズの「マンガで分かる、初めての不動産投資セミナー」「(オンライン可能)マンガで分かる、個別面談編」「マンガでわかる特選物件メルマガ」をご活用ください。貴方の不安や疑問に答えたうえで、適切な不動産投資のアドバイスで貴方の不動産投資をサポートいたします。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む