はじめての不動産投資

投資を始めるための正しい自己資金の作り方とは

お金ライフプラン不動産投資基礎を学ぶ投資

投資を始めるための正しい自己資金の作り方とは

不動産投資をスタートする場合、ある程度自己資金が必要とされます。しかし、運営する場合は、収支のバランスが取れていれば、問題になることはありません。では、実際にどの程度の資金があれば不動産投資をスタートできるのでしょうか?

今回は、不動産投資に必要な自己資金の考え方や増加させていく方法について詳しくみていきましょう。

投資を始めるにはある程度の「自己資金」が必要

不動産投資を行う場合、物件を取得する費用を買い主が用意する必要があります。また、金融機関によって条件は異なるものの、頭金が求められるケースも少なくありません。

また、フルローンで不動産を取得する場合であっても、諸費用と呼ばれる資金は自分で支払う必要があります。仮に、3,000万円の物件を購入する場合、諸費用のみでも150万円から300万円程度の費用が発生することは把握しておきましょう。

そして、不動産投資を行う場合、管理会社に依頼するとしても修理費などはオーナーが支払う必要があります。これは、物件の購入時の戦略にもよるものの、自己資金は不動産投資のリスク対策だといえます。

年収の高さなど個人の属性でも必要な資金は変わってくる

不動産投資は、個人の属性なども融資の要件として、評価・判断します。たとえば、信用情報などに問題がなく年収がある程度高いなどの要件を満たしていれば、融資を通る可能性は高いといえるでしょう。

審査の要件で見られるのは、個人属性だけではありません。物件の収益性なども加味したうえで、融資の金額が決まります。融資の金額は金融機関によって変わるため、個人の属性に不安がある場合は、事前に信用情報機関に問い合わせを行いましょう。

物件の収益性を確保できたとしても、個人情報がボロボロな状態であれば、どのような物件でも審査を通ることはないためです。ちなみに、独身・所帯持ちで判断する金融機関は現在では少なくなっています。

そのため、審査が通らないと悩む前に年収や勤続年数に問題がなければ、属性の見直しや自己資金の金額の割合を変えるなどの工夫を行いしまょう。

着実に自己資金を増やす方法

前述したように属性と自己資金の有無で審査のハードルは変わります。では、自己資金を溜めるためにはどのようなポイントを意識すればよいのでしょうか。

自己資金を増加させるためには、以下の方法が検討できます。


・支出を減らす
・副業を行う
・NISAなどの制度活用
・定期積金

この中でも、まずは、月々の支出を減らすことからスタートすることをおすすめします。月々の支出を減らすということは、月々の収入やお金の使い方を把握する必要があるためです。

たとえば、使用していないクレジットカードの年会費、スマホの料金など見直すごとのできる項目を精査していきましょう。

次に、本業の収入が生活費だけを確保する程度であれば、副業なども検討してみましょう。実際に、ネットでスキルを売買するプラットフォームなども多く存在しており、月に数万円程度であれば、選択する仕事によって獲得することは難しくありません。

仕事を増やす場合は、労働集約型になりがちであることから、肉体労働系よりもデザインやプログラミング、オンライン秘書などネットを駆使した働き方をおすすめします。

定期積金は、設定した金額を毎月決まった日付に引き落とすものです。仮に、定期預金を契約している間にその口座の資金を使用する場合は、解約が必要となります。

そして、解約の手続きがある程度手間が掛かるため、強制的にお金を貯めることが可能だといえます。ちなみに、定期預金は、商品ごとに契約期間が決まっているため、契約期間を満たす前に解約した場合、元金のみが変換される仕組みです。様々な仕組みを活用して、自己資金を貯めていきましょう。

余剰金はあればあるほど有利

余剰金がなかったとしても不動産投資はスタートできます。しかし、上記のような方法で自己資金があればあるほど、不動産投資は有利になるといえるでしょう。

たとえば、不動産に関する損失やトラブルに関しては、金銭で解決できる問題が多いといえます。災害による破損や経年劣化による修繕なども、余剰金があれば全く困ることはありません。

加えて、どのような不動産を保有していても居住用物件でクイズが止まらない場合、損失につながることもあります。そのため、余剰金があれば、そうそう自己資金から補填することも難しくありません。

もちろん、不動産投資では、トラブルや空室などによって生活が圧迫されないことがベストな状態といえるものの、余剰金があること対策は立てやすくなるといえるでしょう。

収支のバランスやライフプラン設計をしておくと自己資金が作りやすい

上記でもふれたように、不動産投資の資金作りは計画性が必要です。そのため、収支のバランスやライフプラン設計などを普段から行っておきましょう。

収支のバランスを確認する場合は、以下のようなポイントを意識してみましょう。


・収入の金額
・支出の金額(必要なもの)

支出に関しては、収入に対して多すぎる場合、生活の見直しが必要です。加えて、ライフプランも現在の収入が将来的にとのように変化するかを想定したうえで策定していくものです。そのため、家族や個人でライフプラン設計や収支のバランスを見直すことが難しい場合は、専門家からアドバイスを受ける方法を選択しましょう。

不動産投資を始めなくてもOK!アドバイザーの個別相談を無料で活用しよう!

不動産投資をスタートする場合、現物不動産投資は計画的に資金を貯めていく必要があります。つまり、不動産投資をスタートしたいと思っていても、実際にはスタートするのが難しいと感じる方も少なくないでしょう。

そうした場合は、まずはアドバイザーに相談してみることをおすすめします。本人の希望を聞いたうえで、どのような対策が必要なのか、今後どのようにしていけばいいのかなど具体的なアドバイスをもらうことが可能です。

また、不動産投資には様々な選択肢があるため、現物不動産投資のみが、不動産投資の方法ではありません。自分の資金や考え方などにあわせて、様々な方法を組み合わせていくことが大切だといえます。

まとめ

不動産投資においては、自己資金が必要です。仮に、フルローンで融資が通ったとしても、諸費用を自己資金で支払う必要があるため、数百万円単位の自己資金は用意しておきましょう。

また、災害などによる被害に対しても、オーナーが創立を固定する必要があるため、そういった場合にも自己資金が必要です。様々な方法を駆使して、自己資金を貯めていきましょう。

「不動産投資をスタートしたいけど、自己資金が足りない……」「ライフプランなんて考えた事がない」という方もいるでしょう。そういったお悩みをお持ちの場合は、アスクルパートナーズの「マンガで分かる、初めての不動産投資セミナー」「(オンライン可能)マンガで分かる、個別面談編」「マンガでわかる特選物件メルマガ」をご活用ください。貴方の不安を解決するための適切なアドバイスでサポートいたします。

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む