はじめての不動産投資

【基本】不動産投資の方法は?始め方や事前に知っておくべきこととは

アドバイザー選び不動産投資初心者の方にオススメ基礎を学ぶ

【基本】不動産投資の方法は?始め方や事前に知っておくべきこととは

これから不動産投資を始めたいと思っている人にとって、最初に何から手を付けたらよいかなど分からないことが多いのではないでしょうか。

この記事では不動産投資の基本から不動産投資の始め方や事前に知っておくべきことをまとめました。

不動産投資とは

不動産投資とは、土地や建物を取得・運用し、収入を得ることを意味します。
居住用の建物だけをイメージしがちですが、土地を取得し、売却益を狙うといった運用も不動産投資です。また、取得した土地で駐車場や太陽光発電をすることも、広義には不動産投資でしょう。

不動産投資にはさまざまな種類・方法がある

ここで、不動産投資の種類や方法について紹介していきます。

不動産投資の方法として以下のものが挙げられます。

  • 現物不動産投資
  • 不動産投資信託(J-REIT)
  • 不動産型クラウドファンディング
  • 不動産小口化商品

この中で、一般的にイメージしやすいのは現物不動産投資といえるでしょう。居住用の戸建てやアパート、一棟マンション、ワンルームマンションなどを取得し、家賃収入や売却益を得る投資です。

不動産投資信託や不動産型クラウドファンディング、不動産小口化現金は、大まかにいえば、「事業者が投資家から資金を募り不動産に投資する」という流れの投資です。

不動産投資信託の場合は、専門家が選択した複数の不動産に投資します。株と同じように証券取引所で売買が可能です。また、流動性が高いのも特徴です。

不動産型クラウドファンディングは、すでにある募集案件を選んで、ひとつの不動産に投資するという特徴があります。

不動産小口化商品は、一つの不動産を分割して投資を行うという点で不動産投資型クラウドファンディングと似ていますが、不動産小口化商品は現物不動産の保持者になる商品があるという点がポイントです。

不動産投資の始め方

不動産投資を始めるなら、初心者はどのようなことから行えばよいのでしょうか。

不動産投資が自分に向いているか確認する

まず不動産投資には、冷静な判断ができるかどうかといった性格面に向き不向きがあります。一般的に、不動産はほかの市場からの影響を受けにくいといわれます。しかし、さまざまな要因で価格は変動しますし、予測と異なり収益性が上がらない可能性もあります。

そのような場合に、情報を収集しながら学び、長期的な視点で考えられることが大切なのです。

不動産投資の基本的な知識を学ぶ

不動産投資は、アドバイザーや不動産会社に相談することで、戦略を立てることは難しくありません。しかし、運用する際の資金の流れやトラブルの対処方法などを押さえておかなければ、イレギュラーに対処できません。
まずは、不動産投資がどういったものなのか把握できるような初心者向けのセミナーに参加してみましょう。

セミナーに参加することで記憶に残りやすくなり、話を聞くごとに知識レベルも上がってきます。また、その場で専門家に相談することも可能なセミナーもあるので、そちらも有効に活用していきましょう。

ほかにもインターネットやSNS、書籍などから情報収集することもできます。ただし、鮮度の高い情報を得られる反面、嘘の情報がある可能性もあります。正確な情報を見極めるためにも、一つのものにこだわらずさまざまな方法で学んでいきましょう。

信用情報をチェックする

不動産投資では、数千万、数億円単位の資金が必要です。すべて自己資金でまかなうケースは極めて稀で、不動産投資ローンを組むことが多いでしょう。

融資を申し込むにあたり、信用情報が十分かどうか考えておきましょう。基本的には金融機関に審査をしてもらえばよいですが、自身でも信用情報チェックを行うこともできます。具体的には、信用情報機関に定額小為替証書を同封し、開示請求を行うことで確認できます。

また、不動産投資はフルローンでの物件の取得もできますが、融資を申し込む金融機関によっては、物件そのものの頭金が必要となるケースも少なくありません。そのため、自分が運用したい物件の10~15%程度の自己資金は貯めておきましょう。

不動産投資の事前に必要な知識は?

不動産投資を始める際には、不動産投資のリスクや融資の仕組みについても知っておく必要があります。

特に不動産投資のリスクにはさまざまな種類があります。そのため、リスクを回避するためにも必ず押さえておきたいところです。

▶不動産投資のリスクについて: 不動産投資に潜むリスクとは?事前に知っておくことで危険を回避しよう

不動産投資は少額から始められる?

前述した不動産投資信託、不動産クラウドファンディング、不動産小口商品であれば、数万~数十万円程度から投資を始められます。現物不動産投資の場合は数百・数千万円以上必要なので、まずは少額で不動産投資を始めたい人はこれらの方法で始めてみてはいかがでしょうか。

また、現物不動産投資から始めたいのならば、ワンルームマンション投資であれば少額から始められるので、初心者でもスタートしやすいでしょう。

不動産投資は初心者でも始めやすい資産形成への第一歩

不動産投資は、土地や建物を取得・運用して利益を得るものです。さまざまな手法が存在しているため、初心者はどの方法を選択したらいいのか迷うこともあるでしょう。

仮に、「どの方法から不動産投資をスタートしていいのかわからない」「現物不動産投資にいきなり挑戦して大丈夫?」などの不安がある場合は、アスクルパートナーズにご相談ください。

アスクルパートナーズの「マンガでわかる、初めての不動産投資セミナー」「(オンライン可能)マンガでわかる、個別面談辺」「まんがでわかる、特選物件メルマガ」を活用することで貴方の不安を解消し、自分に適した投資方法が見つけやすくなります。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む