不動産投資をもっと知る

40代の資産形成は不動産投資で!定年退職までに安定した副収入減を確保しよう

年金対策×不動産投資

40代の資産形成は不動産投資で!定年退職までに安定した副収入減を確保しよう

40代になって老後資金をどう貯めるか考えたことはありませんか?終身雇用の撤廃や年金制度の不安定さなどで、安定した老後を送れるほど貯金が可能な人はあまり多くないでしょう。

今は働き方の多様化が認められるようになり、副業などで収入を安定させている人も増えてきました。

40代ならば、副業はもちろん、株式や証券、不動産などの「投資」にも興味がある世代です。老後資金に向けて資産運用をしていかなければと実感するのもこの世代が多いでしょう。

今回は、そんな40代から資金形成を始めようとしている人がやるべき投資術や、投資の注意点などを細かく解説します。

老後に必要とされる資金例

家計収支

総務省が公表している家計調査年報(家計収支編)2018年(平成30年)家計の概要によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の家計収支と、高齢単身無職世帯(60歳以上の単身無職世帯)の家計収支は以下のとおりです。

<高齢夫婦無職世帯の家計収支>
月の実収入:222,834円
月の可処分所得:193,743円
月の消費支出:235,615円
月の不足分(可処分所得-消費支出):-41,872円

<高齢単身無職世帯の家計収支>
月の実収入:123,325円
月の可処分所得:110,933円
月の消費支出:149,603円
月の不足分(可処分所得-消費支出):-38,670円

公表されている額のなかで注目すべきは不足分です。この不足分が老後までに用意しておくべき額となります。

それぞれ月の不足額をもとに老後年数(25年分)を算出すると、

<高齢夫婦無職世帯の不足額(25年分)>
41,782円×12ヶ月×25年×2人分=25,069,200円

<高齢単身無職世帯の不足額(25年分)>
38,670円×12ヶ月×25年=11,601,000円

さらに、介護費(1人当たり約600万円前後)や葬祭費(1人あたり200万円前後)なども加わります。

以上の額を40代までに蓄えた貯金とこれから行なおうとしている資産形成で補っていく必要があるのです

ただ、40代から資金形成や投資の勉強をしてからやってみようとしても時間がかかり効率もよくないでしょう。そこでオススメしたいのが不動産投資です。

投資経験がなくても始めやすい不動産投資

不動産投資は、ほかの投資や資産運用に比べて投資経験がない人でも始めやすいと言われている資金形成の方法です。

株式投資も投資方法のひとつとして有名ですが、株式投資は不動産投資と比べるとあまり強くオススメできません。

株式投資はリスキー

QUICK資産運用研究所が2018年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」によると、現在保有している金融商品、今後所有したいと考えている金融商品の回答結果は以下のとおりとなっています。

順位 保有している金融商品 今後保有したい金融商品
1位 定期性預貯金 定期性預貯金
2位 国内株式 国内株式
3位 個人年金保険 投資信託
4位 投資信託 個人年金保険
5位 終身保険 外貨預金

定期性預貯金をのぞくと、リスク性のある金融商品のトップはどちらも「国内株式」です。つまり、回答した人の多くが国内株式に興味があることがわかります。

しかし国内株式の売買を資産形成方法として活用し、成功させるにはデイトレーダーのように1日のうち大半を株式の値動きに回さないといけなくなるのです

また、株式運用に関する知識を蓄えながら実行するとなると、かなりリスクが大きい資産形成方法であると言えます。

不動産投資が「安定収入源」としてみなされる理由

不動産投資最大のメリットは「収入源の安定性」にあります。主に不動産投資で利益を得る方法は「家賃収入」と「売却利益」の2つです。

家賃収入は文字通り、投資した不動産に住む人から家賃として毎月一定額徴収します。一方、売却利益は不動産の地価が、購入時より上回った段階で売却し利益を得る方法です。

好立地な物件であるほど入居者が途切れることは少なくなり、安定した家賃収入に繋がります。

また、物件の管理や仲介などは不動産管理会社などが行なってくれるのもメリットです。つまり、専門家の支援を受けながら安定した収入を得られるのが不動産投資なのです。

チャレンジングな物件選びや提案には注意するべし

不動産投資は40代から始める資産形成の方法としてオススメですが、不動産投資にはいくつか注意するべき点があります。以下の3点に気を付けて投資する不動産を選びましょう。

  1. ① 高利回りの物件
  2. ② 値段は安いが、需要が低い郊外の物件
  3. ③ 一棟買いでの巨額物件

40代は、20~30代と比べ定年が近づき収入が減る時期を意識しだす世代です。これらも踏まえてそれぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

①高利回りの物件

利回りは不動産投資で利益を得るためには欠かせません。そもそも利回りとは元本に対してどれくらい利益が増えたかを示す割合のことです(詳しくはコチラで確認できます)。

ほとんどの投資家は、この利回りの高さでその物件に投資するかどうかを決めています。しかし、高利回りというだけで投資を決めるのは好ましくありません

「高利回りの物件にはなにか理由がある」と言われていることが多く、その中には高利回り以上のデメリットも含まれていることがあります

たとえばその物件に反社会勢力や宗教法人に携わる人々が多く住んでいたり、土地の借地期限が近かったりすることが考えられるのです。

決して、高利回りというだけで投資する物件を選ばないようにしましょう。

②値段は安いが、需要が低い郊外の物件

高利回りの物件と同様に、売値が安い物件にも安いなりの理由があると考えましょう。値段が安くなる理由は、都心へのアクセス、建築年数、建物で起こった事件などが関係しています

そのなかでも都心へのアクセスや暮らしが不便な郊外の物件は、入居者がつきにくく投資するリスクがかなり高いと考えてよいでしょう。

③一棟買いでの巨額物件

上述のように、40代の収入は定年まであとどれくらいもらえるか限りが見えてくる時期です。そんな時期に、利益が出るか不明なマンションやアパートを一棟買いする行為はまさにギャンブルです

20代が不動産投資を行うのであれば話は別ですが、もらえる給与に限りが見えてからの巨額投資はかなりリスクが高いです。不動産投資会社などから薦められても乗らないようにしましょう。

目標とする老後の生活スタイルを考えたうえで専門家に相談を

40代からでも資産形成を始めるには遅くありません。ただし20~30代と比べるとリスクを冒したときのやり直しや、貯まる資金額には差が出てしまいます(ライフイベントが多い30代の資産形成に不動産投資がオススメな理由)。

老後の生活を安定させるためには貯蓄だけでは足りません。40代からでも実現可能な目標や老後の生活スタイルを考え、専門家に相談しながら有意義な資産形成を行いましょう

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む