不動産投資をもっと知る

医療従事者が不動産投資に強いワケ

不労所得不動産投資節税対策×不動産投資資格資産形成

医療従事者が不動産投資に強いワケ

不動産投資で融資を受ける場合、個人の属性が大切です。不動産投資の場合は物件の収益性も見られるものの、個人の年齢や職業、勤続年数などから審査の可否が判断されます。

そして、数ある職業の中でも医療従事者(医師や看護師など)は審査要件において強いとされています。よって、医療従事者が不動産投資に向いているとも言われています。

では、なぜ医療従事者が不動産投資の融資において有利なのでしょうか。

当記事では、医療従事者が不動産投資に強い理由と投資の選択肢としてどのように検討できるのかについて詳しくみていきましょう。

医療従事者が不動産投資に有利な理由

ズバリ、不動産投資で医療従事者が評価されやすい理由は、年収の高さから想定される資金力です。

勤務医の年収は1,000万円を超えることも珍しくありません。一般的な企業に勤めるサラリーマンの平均年収が400万円前後であることからも、単純に医療従事者が資金面で有利だと言えます。

それ以外にも以下の項目から医療従事者が有利といえる理由が伺えます。


☑開業する際のエリア選定のノウハウが不動産投資と似ている
☑知識に対して柔軟性がある
☑社会的ステータスが高い

不動産投資の融資審査において医療従事者が個人の属性として難しいと判断されることはないといっても過言ではありません。融資を検討する際も金融機関に拘る必要はないといえるほど、個人の属性として有利です。

多忙な医療従事者だからこそ、副業に最適な不動産投資

年収は高額であるものの、医療従事者は多忙であることも少なくありません。その多忙さからも医療従事者が資産形成の手段として不動産投資を選択することにも向いています。医療従事者が不動産投資をスタートした場合には以下のメリットが考えられます。


☑個人の属性の高さから融資の条件が有利になりやすい
☑現金を用意することができる可能性があるためフルローンを選択しなくてもよい
☑管理会社を探すことができれば運営に目を向けるだけでいい

医療従事者の場合安定性が高いものの、今後ニーズが変化した場合、年収が減少する可能性がもゼロではありません。しかし、不動産投資をスタートし成功させることができれば、医者以外の働き方を選択することが可能となります。

また、年収が900万以上の場合、不動産投資による節税効果が大きくなります。年収が900~1,800万円以上では、所得税と住民税で30%以上の税金を課されるため、不動産投資の費用を経費として計算できる点も有利です。

医者や看護師だけじゃない!MRや臨床工学技士、保健師や獣医師にも不動産投資はオススメ

不動産投資を行う場合、融資を検討する人がほとんどです。医療従事者は金融機関の融資審査に強いですが、医者やナースだけでなくMRや臨床工学技士、保健師や獣医師なども有利です。理由としては、社会的な信用力が高く専門性の高い資格職のためです。

また、忙しさはそれぞれの職種によって異なるものの、長期的な資産形成はどの職種にも大切なことです。不動産投資の場合は、契約によって自分が物件を管理しなくても運用が可能であるため、忙しい職業であっても問題はありません。むしろ管理を一任できるので、多忙な人にこそ不動産投資は資産形成にぴったりと言えるでしょう。

医療関係者は本業以外の収入源を形成したい場合に、不動産投資をスタートしやすい属性です。そして、時間がなかったとしても資金と信頼できる不動産会社や管理会社をパートナーとできれば、かなり手堅く不動産の運用ができます

ちなみに、不動産投資は安定的な収入がある段階で取り組んだ方が拡大しやすく、仮に失敗した場合でも再スタートがしやすいといえます。特に医療関係者でハードワークに悩む場合には、不動産投資を検討してみましょう。

生涯独身者やシングルマザーにも最適

老後の資産形成はどのようなライフスタイルであってもある程度、計画しておく必要があります。たとえば、現状で平均年収より高いといった状態でも将来的にどのように変化するのかは誰しも不明です。

たとえば独身者でケガをしたり病気になって一定期間働けない状態となった場合でも、不動産投資に成功していれば自分が働かなくても収入を得ることが可能です。シングルマザーで家事や仕事で忙しい状態でも管理を任せつつ、運用が成功していれば家賃収入を得られます。

強い属性と収入の高さを生かして現役時代から資産形成の準備をしよう

資産形成は、退職してから行うよりも現役で働いてる段階からスタートしましょう。退職する段階では、現金で物件を購入できる資金を保有している可能性もあるものの、知識の蓄積は年齢として若い方が蓄積しやすいといえます。

加えて、不動産投資は必ず成功する投資ではありません。失敗しないためにも物件や周囲の環境、人のニーズなど細かいリサーチや調査を重ねてスタートする必要があります。多忙であっても相談などを含めて情報を入手することで失敗しにくい不動産投資が可能となります。

医療従事者として不動産投資で意識したいこと

医療従事者であれば個人の属性として、融資に対して有利な状況にあることが分かりました。そのうえで、不動産会社や物件の選定などを慎重に行い、管理を任せる優良業者や収支の計画を検討する必要があるといえるでしょう。

医療従事者の場合、人によっては年収1,000万円以上となること少なくありません。しかし、大切なのはその資金をどのようにして、未来に活かすかという点です。不動産投資で成功するためには資金だけでなく、知識を吸収し、相談できるパートナーを探しながら、入念な計画を練ることが必要であることを意識しましょう。

ライフプランの設計や収支相談にも個別面談を活用しよう

不動産投資をスタートする場合、知識を集める・実際に検討するなど、失敗しないための対策が必要です。しかし、インターネットなどで調べても具体的な戦略を立てにくいケースもあるでしょう。

そういった場合は、アスクルパートナーズなどの不動産会社が主催する個別面談の活用をおすすめします。個別面談であれば、現在の収支の状況や今後どのようにして不動産投資を行いたいのかなど具体的な相談も可能です。

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む