はじめての不動産投資

【増加中!】20~50代の働き盛りの会社員が資産運用の必要性を感じている理由と不動産投資を始める利点

年金対策×不動産投資

【増加中!】20~50代の働き盛りの会社員が資産運用の必要性を感じている理由と不動産投資を始める利点

国の資金不足は年々深刻になり、老後の金銭面に対して不安を抱えている人も多いでしょう。とくに、働き盛りの世代だからこそ、毎月給与から天引きされている税金や年金について不安に思うこともあるのではないでしょうか。

調べによると、20~50代の勤め人が資産形成の必要性を強く感じていることが分かりました。今回は資産形成の必要性と会社員が不動産投資を始める利点についてまとめました。

各世代で増加中!資産形成の必要性を感じている人の割合は49%

「老後が不安……」「このままで将来年金はもらえるのだろうか」と不安に感じている人が多い昨今ですが、比例して「個人で行う資産形成の重要さ」を実感している人も多くなっています。下記の調べで資産形成の必要性を感じる人の割合は、各世代それぞれで増加しています。

QUICK資産運用研究所が昨年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」によると、「資産形成・資産運用の必要性を感じるか」という質問に対して、「非常に必要性を感じる」「やや必要性を感じる」と回答した人の割合が49.3%にものぼりました

とくに、30~50代の働き盛りかつ資産形成できる程度の資金を蓄えているであろう世代が、一番関心を持っていることが判明しています。

一方で、リスクを背負いたくないから資産形成を行わないという声も上がっていますが、裏を返せばリスク管理さえしっかり行えるのであれば、資産形成には興味があるという人がほとんどだと考えられます。

資産形成を考えるきっかけはダントツで「老後資金不足」がトップに

各世代で資産運用の必要性を感じる方が増加!会社員でも始められる不動産投資

同調査によると、勤め人達が資産形成を行いたい理由は「老後の資金不足」がトップで47.5%を占めています

今の働いている世代が老後の資金不足を懸念するようになった理由として

  • 年金が満足にもらえないのではないかという疑念
  • 人生100年時代の長寿時代における老後資金の増加
  • 貯蓄以外に資産を残す方法が知りたい

などが挙げられます。

働くことでその問題は解消できますが、老後はそういうわけにもいきません。体力面での負担も大きくなってくる以上、今のように働くのは難しいでしょう。そういった点からも、老後の資金不足というのは、深刻な問題であると世間が受け止めているのが明確です。

手が付けられない主な理由は「資産形成に関するノウハウ不足」

同調査(QUICK資産運用研究所)において、資産形成に関するイメージとして最も多いのは「勉強が必要」で36.8%、次いで「リスクが高い」「損をする・怖い」でした。

つまりこれらの結果から資産形成の必要性は感じているものの、始めるにはハードルが高い、リスクが高いなどのマイナスイメージが先行してしまっていることが分かります。

これらの原因としては、資産形成というもの自体が正しいイメージで世間に伝わっていないことも原因です。リスクが高そうといっても、何が原因でリスクが高くなっているのか、本当にリスクが高いといえるのか、深いところまで調べている人は少ないでしょう。

将来の不安を感じていて何とか資産形成を始めたいと思っているのに、先入観や知識不足で二の足を踏んでしまうのは勿体ないですよね。よって、このようなマイナスイメージや新規参入のハードルの高さを払拭するには、資産形成のプロから正確な情報やノウハウを聞くことが一番です

会社員に資産形成の手段として不動産投資をオススメしたい4つの理由

会社員は日々多忙で資産形成にかけられる時間が少なかったり、ノウハウを学ぶ時間も取りづらいと感じるでしょう。

上記でも述べましたが、忙しいからこそプロである不動産投資アドバイザーの助力は必須です。そして、信頼できるプロのアドバイザーを味方につけられれば、会社員にとって不動産投資は有力な資産形成の手立てになります。

具体的に4つの理由を見ていきましょう。

1. 老後を見越した投資計画が可能

不動産投資は、株やFXなどと異なり長期的な視野で取り組む投資です。ライフプランニング(人生設計)を最初に行えば、老後まで考慮した無理のない投資計画を組み立てられます

リフォーム・空室といったリスクもある程度予測できるので、投資が大きく失敗して老後に資金不足になるという心配が少ないというメリットもあります。

2. 実物資産であるため物件自体に価値をもち続けられる

物件は、価値の変動が比較的少ない資産です。たとえば、株式は為替の変動や景気の変動の影響を大きく受けます。そのため、長期にわたり安定した価値を持ち続けることが非常に難しいです。そのうえ、実物ではないため、それ自体には何の価値もありません。

しかし、物件ならば価値の変動はあったとしても実物資産のため、一定の価値を持ち続けることが可能です。これは、ほかの資産形成方法と比べて優秀だと言えるでしょう。

3. 長期運用に適していて安定した収益が見込める

先ほど説明をしたとおり、物件というのは一定の価値を持ち続けられる資産です。つまり、長期間保持することによる価格変動のリスクは株式などに比べて少ないということです。

株式で利益を出そうとすると、基本的には毎日価値の変動を追いかける必要がありますが、物件ならば将来の需要がありそうなものをしっかり選定すれば、老後まで安定した収益が見込めます

契約者の万一の場合は団信が適用されて、ローンの支払いは免除されますが、資産として家族がそのまま保持できるのも魅力でしょう。

不労所得として毎月安定した収入が見込めるので、働けなくなった場合も心強い収入源となります。

4.不動産投資アドバイザーに管理や運用をフルサポートしてもらえる

会社員にとって気になる点は、いざ始めたとしても本業が忙しくて資産形成にかける時間が取れず、結局損をしてしまうのではないかということでしょう。しかし、そんな人のために不動産投資のプロである「不動産投資アドバイザー」が存在します。

不動産アドバイザーは、顧客のライフプランニングをはじめ、物件の提案や選定、管理や出口戦略まで手厚くサポートしてくれます。日々多忙な会社員にとって、これほど心強いことはないでしょう。

また、地方の会社員でもアドバイザーに修繕などの管理を委託すれば、都心の需要が高い物件で資産形成を行うことも可能です。時間がない、地方に住んでいるといった理由で資産形成を諦めている人は、一度都心に強いアドバイザーに相談してみることをオススメします。

サポートも充実している不動産投資は会社員の資産形成に最適

資産形成への意識は高まりつつありますが、最初に感じるハードルのせいで実行に踏み出せない人が数多く存在することがわかりました。

しかし、それらの不安は解消できることがほとんどであり、不動産投資ならば外部のサポートも充実しているのが現状です。時間の取れない会社員や初心者の資産形成には最適な方法であるといえるでしょう

まずは無料セミナーや個別相談に参加してみて、不動産投資に対するハードルを下げることから始めてみてはいかがでしょうか。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む