はじめての不動産投資

サラリーマンの投資におすすめ!不動産投資で資産運用をするメリット

20代30代不労所得不動産投資年金対策×不動産投資資産運用のプロ

サラリーマンの投資におすすめ!不動産投資で資産運用をするメリット

国の資金不足は年々深刻になり、老後の金銭面に対して不安を抱えている人も多いでしょう。また、不安を抱えている人の中には資産運用を検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、資産運用といっても、その種類の多さや方法など、さまざまな要因から手をつけにくいという印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

当記事では、サラリーマンの方に投資を勧める理由や、おすすめの投資方法について紹介します。

なぜサラリーマンに投資がおすすめ?

QUICK資産運用研究所が2020年11月」実施した「個人の資産形成に関する意識調査」によると、「資産形成・資産運用の必要性を感じるか」という質問に対して、「必要性を感じる」と回答した人の割合が5割を超えています。

自分の将来に不安を感じている人が多い昨今ですが、それに比例して「個人で行う資産形成の重要さ」を実感している人も多くなっているようです。

また、上記の調査によると、サラリーマンが資産形成を行いたい理由は「老後不安」が8割を占めています。

将来、少子高齢化が進むと予想される日本において、老後の生活の為にも資産形成は必要でしょう。

年々その必要性が認められている資産運用ですが、サラリーマンに特におすすめするのが、株式や不動産などへの投資です。

では、なぜサラリーマンに投資をおすすめするのでしょうか。

会社からの給料だけでは資産形成ができない時代

サラリーマンに投資をおすすめする理由の一つに、会社からの給料だけでは資産形成ができない時代である点が挙げられます。

会社で働いているサラリーマンは時間がない、副業を始める余裕もないといった理由から、片手間にできる収入源が限られてしまいます。

投資の場合、一人で、手間をかけずに運用できるものが多いので、本業で忙しいサラリーマンに合っているといえるでしょう。

国が投資を促している

一時期、国が掲げる「貯蓄から投資へ」というスローガンが話題となりました。

その最たる例が、2014年1月にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)です。

NISAとは、小額からの投資を行うための非課税制度で、NISA口座(非課税口座)内で、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品を売却して得た利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなるといった制度です。

これによって、儲けに対する税金が減るので、未経験でも投資を始めやすくなりました。

このような流れは今も続いているため、サラリーマン投資を始めることに規制がかかることは少なく、むしろ後押しされることでしょう。

投資の役に立つ情報が多い

資産形成への意識は高まりつつありますが、最初に感じるハードルのせいで実行に踏み出せないという方は多いでしょう。しかし、最近では投資の役に立つ情報が多く、わからないことがあっても検索すればでてくる場合がほとんどです。

また、無料セミナーや個別相談もあるので、投資のことについてより学ぶことができます。

サラリーマンの投資に不動産投資をおすすめする4つの理由

これまで、サラリーマンの方に投資をおすすめしてきましたが、投資といっても多くの種類が存在します。その中でもサラリーマンの方に特におすすめしたいのが「不動産投資」です。

サラリーマンの方に不動産投資をおすすめする理由をまとめてみました。

老後を見越した投資計画が可能

不動産投資は、株やFXなどと異なり長期的な視野で取り組む投資です。

しっかりとした投資計画を立て、適切に運用していけば、老後に年金と合わせて不労所得を得られる可能性があります。将来、少子高齢化が進んでいくと予測される日本において、老後の生活を安定させることは大きなメリットといえます。

景気変動の影響を比較的受けにくい

不動産は、景気による変動が比較的少ない資産です。例えば、株式はその影響を大きく受けます。そのため、長期にわたり安定した価値を持ち続けることが難しいでしょう。

また、不動産ならば価値の変動があったとしても実物資産のため、一定の価値を持ち続けることが可能です。これは、ほかの資産形成方法と比べても優秀だといえる点でしょう。

ミドルリスク・ミドルリターンで安定した収益が見込める

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれます。理由のひとつは、投資に失敗しても一瞬で資産がなくなることがないからです。

将来の需要がありそうな物件をしっかり選定し、リスクを回避していけば、老後まで安定した収益を見込めます。

大きな失敗が少なく安定している不動産投資はサラリーマンにとって安心できるポイントでしょう。

不動産投資アドバイザーに管理や運用をフルサポートしてもらえる

サラリーマンにとって気になるのは、いざ始めたとしても本業が忙しくて資産形成にかける時間が取れず、結局損をしてしまうのではないかという点でしょう。しかし、そんな人のために不動産投資のプロである「不動産投資アドバイザー」が存在します。

不動産投資アドバイザーは、顧客の人生設計をはじめ、物件の提案や選定、管理や出口戦略まで手厚くサポートしてくれます。日々多忙なサラリーマンにとってこれほど心強いことはないでしょう。

企業に管理や運用を委託して自身への負担を軽減できることも不動産投資の利点の一つですね。

投資初心者には不動産投資信託もおすすめ

不動産投資を始めてみたいけど何から始めたらいいかわからないといった方には、不動産投資信託(J-REIT)もおすすめです。

不動産投資信託は信託会社に資金を提供して、運用を委託する投資方法です。信託会社は多くの投資家から集めた資金を元手にして不動産に投資し、生まれた収益を投資家に分配します。

不動産投資信託は数万円ほどの資金から手軽に始められ、かつ信託会社が運営してくれるので手間がかかりません。しかし、信託会社が倒産する可能性や災害リスクなどのリスクがあるので、事前に知っておく必要があります。

サラリーマンが投資を始める方法・成功させる方法は?

サラリーマンが本業の傍ら投資を始める・成功させる為に特に重要なことをまとめました。

会社の副業規定を確認する

投資が副業としての基準を満たす条件は様々で、不動産投資の場合、事業的規模の投資を運用する際に副業とみなされます。不動産投資では、5棟10室以上の不動産を運用する場合に事業とみなされます。なので、5棟10室以上の規模の不動産投資を運用しようと考えている人はまず、会社の副業規定を確認して自分の会社で投資ができるのかを確かめましょう。

副業禁止でも不動産投資は許可している会社もあるので、総務部などの会社の管理部門に確認をとっておくことも大切です。

信頼できるアドバイザーを見つける

もう一つ重要なのが、信頼できるアドバイザーを見つけることです。

前述のとおり、プロのアドバイザーに物件の提案や運用、出口戦略をサポートしてもらえるので、サラリーマンは本業への負担を軽減することができます。初心者は、リスクを減らすこともできます。

また、地方のサラリーマンでも、管理を委託すれば都心の需要が高い物件で資産形成を行うことが可能です。地方に住んでいることが理由で資産形成をあきらめている人は、一度アドバイザーに相談してみることをオススメします。

【漫画で楽しく知る!無料セミナーや個別相談】

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編

②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編

 

①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む