はじめての不動産投資

女性のライフイベントを考えたマンション投資による資産形成の考え方

20代30代キャリア女性女性にオススメ年金対策×不動産投資若い世代

女性のライフイベントを考えたマンション投資による資産形成の考え方

女性はライフイベントが多発するため、不動産投資を考える際は、結婚や出産、未婚、死別などいろいろな状況に鑑みて検討していく必要があります。

不動産投資はいざというときの収入の支えになるものです。

今回は、女性のライフイベントを考えたうえで、マンション投資による資産形成の考え方を解説していきます。

手堅い物件を押さえておくと、万が一のときでも収入が途絶えにくい体勢を整えられますよ。

男性よりもライフイベントが多発する女性の資産形成

女性のライフイベントを考えたマンション投資による資産形成の考え方とは

結婚、出産、育児など女性は男性に比べライフイベントが多く、継続して働く期間が短くなることは仕方のないことです。

しかし、だからこそ将来を見据えて若いうちから資産形成に取り組むべきとも言えます。

また、男女の雇用機会の均等化が推し進められている現代でも男女の収入に大きな格差が存在します。

実際に国税庁が平成24年度に行った民間給与実態統計調査では、日本人の平均給与は408万円で、男性の平均は502万円、女性の平均は268万円と男女間で大きく差が開いていることが分かります

もちろん、結婚して働く必要が無くなる人もいるでしょう。しかし、現在は晩婚化が進み、2015年に行われた国勢調査では45〜49歳女性のうち、15.3%が未婚であるという結果も出ています。今後ますます自立して自分一人で生きていく術を身に着けておくことは大切と言えるでしょう。

結婚したからこそ、老後の計画を立てるべし

結婚

もうすでに結婚していて、資産形成など自分には関係のない話だと考えてはいけません。なぜなら、結婚したからといって将来的に安定した生活が約束された訳ではないからです。

日本人の年収は上述のとおり平均500万円ほどとされていますが、これはあくまで平均値であり、日本の実情を正確に表している訳ではありません。

実際には中央値が438万円なので、半数の方々は年収438万円以下でやりくりしているということです。

さらに200~300万円が年収のボリューム層であり、子どもができると共働きが必須になる場合もあるでしょう。結婚したからこそ、老後の計画も立てておく必要があるのです。

離婚や夫との死別で収入が途絶える可能性もある

また、日本の離婚率は年々上昇しており、現在では35%、約3人に1人が離婚しています。自身に問題があるのであれば防ぎようがありますが、相手が原因の離婚は避けることが難しいものです。

離婚以外にも、癌や心筋梗塞などで夫が倒れ、収入が激減するというケースも考えらます。このケースでは、収入が途絶えるだけではなく、多額の入院、治療費が発生することもあるので、資産形成で備えておくことがとても大切です。

加えて、2007年のデータによると女性の平均寿命は87.26歳、男性は81.09歳と女性の方が長生きなので、いずれ夫と死別して1人になる可能性が高いです。

既婚女性でも将来何が起こるか分からりません。今から対策を考えるべきでしょう。

対策としてマンション投資という方法がある

将来起こる不測の事態に備える手立ての一つに、マンション投資で資産形成を行う方法があります。

資産形成の方法には株式投資や投資信託、国債といったものも考えられますが、株や投資信託はハイリスクハイリターン、国債はローリターンすぎて安定した生活を送るための資産形成としては不適です。

一方、マンション投資はリスクとリターンのバランスが良く、安定した生活を送るという目的の投資では最適な投資先です

マンション投資の利点はそれだけではありません。不動産の投資では、不動産管理会社に管理をすべて任せることが出来、子育て中の方や共働きの方でも無理なく運用が可能です。

さらに、投資資金の大部分をローンで賄えるため、数十万円からでも投資が始められます

以上の特徴から、不動産投資は女性におすすめ出来る投資先といえるでしょう。

狙い目は単身世帯の多い首都圏のワンルームマンション

ワンルームの物件

2015年に行われた国勢調査によると、東京都内で民間賃貸住宅に住んでいる世帯は267万世帯でこれは全世帯の40.55%を占める割合です。

さらに、東京都内では1人世帯の割合が全体の47.39%(316万世帯)、共同住宅の割合が67.7%でいずれも全国で最も高い割合となっています。

つまり、この結果から東京都内では単身世帯の共同住宅の需要が高いことが推測されます。

マンション投資では需要を高い物件を見つけ出すことがとても重要です。なぜなら、マンション投資の主な収入源は家賃収入であり、人気のない物件を購入すると入居者が決まらず、初期投資分が回収出来なくなってしまうからです。

このような事情から、都心のワンルームマンションへの投資はリスクが小さいとされており、不動産投資初心者の方でも比較的利益を獲得しやすいと言えるでしょう。

ファミリー向け物件は収益性は高いが需要は減少傾向

ファミリー向け物件の場合、入居期間が長い傾向があり、一度入居者が決まれば安定的に稼げます。しかし、単身者用物件に比べ需要が低く、空室リスクが高いです。また、間取りが大きいため、退去時の清掃費、修繕費用が高いのも欠点です。

リスク分散・収益力拡大のためには複数戸の運用が望ましい

ワンルームマンション投資はリスクが少ないと述べましたが、投資である以上リスクはゼロにはなりません。

そこで、少しでもリスクを減らすために分散投資を行うことも検討しましょう。

分散投資では、複数戸の物件を運用しますが、以下でその具体的な手法をいくつか紹介します。

ターゲット層の異なる物件を複数保有する手法も

不動産

単身者向けの1Kや1LDKの物件と、家族世帯向けの2LDK、3LDKの間取りの物件を保有すれば、単身者、ファミリー層どちらの需要にも対応できます。

また、地域ごとに単身者向け物件と家族向け物件の需要が異なるので、独り身世帯が多い地域で単身者向け住宅を、ファミリー層が多い地域で家族世帯向けの物件を保有するという戦略も考えられます。

費用やテクニックは必要ですが、ゆくゆくは複数保有を検討するのも大きな手でしょう。

購入時期をずらすことでリスク分散を図る

不動産の需要は時々刻々と変化していくものです。たとえば、大学が移転すると学生の数が減り単身者向け物件の需要が減り、都市開発で交通の便が良くなったり大型商業施設が建設されたりすると、周辺エリアの建物の需要は高まります。

このような時代の変化は予測出来ないことも多いです。そのため、同時期に物件を購入するのではなく、あえて時期をずらしてリスクの分散を図ることもよく行われます。

地域でリスクを分散させる

先ほど述べたとおり、時代の移り変わりによる需要の変化を予測することは困難です。事故や事件である地域の物件の価値が突如急落するといったこともないとはいえません。

そこで、複数の物件を購入する際は、地域を分散させるようにすべきです。

物件の需要を見極める

リスクを分散させるとなると、1つ1つの物件にかけられる費用も分散してしまいます。そのため、安いものを追い求め需要のない物件を購入してしまうというミスを犯してしまうこともあります。

いくらリスクを分散させたいからといって、需要の無い物件を買うのは御法度です。

安定して不労所得が得られないばかりか、初期投資額を回収できないといった事態にもなりかねないので、需要の物件を見つけ出すことを疎かにしないよう気を付けましょう。

万が一の場合は投資用に買った物件に住むことも手なので、自分も住みたいと思える家かどうかという視点も大切です。

将来を見据えて若いうちから資産形成に取り組もう

今後日本は少子高齢化がどんどん進行し、年金受給額が減少していくことが予想されています。そんな時代だからこそ、自立して生活するために女性も将来に向けて資産形成を行うべきです。

マンション投資は、株やFXなどに比べリスクも小さく、少額でも始められるので貯金の少ない若い方でも取り組める投資です。この機会に自身のライフプランを立て直してみてはいかがでしょうか。

はじめての不動産投資に挑戦するサトミの体験漫画を読んでみよう!

この記事を読んでいる女性同様、30代ではじめての不動産投資に挑戦しようとしている「サトミ」。

不動産投資セミナーってどんなもの?個別面談って?押し売りされたりしない?

不動産投資を考えている人達にお役立ち!分かりやすい漫画でサトミと一緒に不動産投資を学んでみましょう!

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む