不動産投資をもっと知る

不動産投資型クラウドファンディ ングって何? 今、 注目の新しい不動産投資

トレンドに強いメリットを知る不動産不動産投資不動産業界

不動産投資型クラウドファンディ ングって何? 今、 注目の新しい不動産投資

不動産投資には様々な形があり、不動産を自分で保有しなくても運用することができます

従来の不動産投資であれば、銀行から資金を借りて、実際の不動産を購入し、自分で不動産運用を行うタイプが殆どでした。この場合、不動産の家賃収入だけでなく、最終的な売却も含めてオーナーが判断しなければならず、知識が浅い場合はハードルが高いものだったといえます。

しかし、最近では、用意する資金の少なさなどから、不動産投資型クラウドファンディングと呼ばれる新しい不動産投資に人気が集まっています。では、実際には従来の不動産投資と何が違うのでしょうか。

当記事では、不動産投資型クラウドファンディングの特徴と現状、選択する際の5つのポイントについて詳しく解説していきましょう。

不動産投資型クラウドファンディ ングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、不特定多数の人々から資金を募り、その資金で不動産投資を行うというものです。元々のクラウドファンディングは、個人的な問題から社会的な問題など多様的な目的に対して、不特定多数の人々から資金調達をすることを意味するものです。

つまり、クラウドファンディングの形で資金を募り、不動産投資・運用のために特化したものが不動産投資型クラウドファンディングだといえます。加えて、物件名だけでなく、運用会社やファンドなどもネット上から簡単に調べられるため、これまでの実績や年間の利回りなど投資額に対するリターンも想定したうえで投資が可能です。

ちなみに、REITとも似ているものの、REITは投資信託であるため、細かい物件の条件までは把握できません。また、物件に関してもファンドマネージャーが選定するため、出資者が起こせるアクションは、ファンドの過去の実績を調べ、資金を預けるといったものになります。

現物不動産投資の場合は、多くの資金が必要です。例えば、取得する不動産、運営方法なども自分で選択しなければならず、利回りだけでなく、集客などに対してもある程度知見がなければ成功は難しいでしょう。

対して、不動産投資型クラウドファンディングは、物件の維持や管理、運営に関するコストや知識がなくても投資が可能です。そのため、実際の物件を把握しつつ、少額から投資を行う場合に、不動産投資型クラウドファンディングは適しているといえます。

不動産投資ローンで融資された金額は、運用する不動産を取得するための金額といえます。また、不動産投資専用のローンであり、金融機関によって借入の金額が大きく異なる点も特徴的です。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングは、上記でも少し触れましたが、特定の目的のために、不特定多数の人々から資金を募る資金調達の方法です。2000年代のアメリカで広がり、2011年になって日本で本格的なサービスが展開されるようになりました。

目的そのものは、社会貢献やインフラ整備、電子出版など個人的なものまで、制限はありません。また、以下のようにクラウドファンディングには、様々な形があります。


☑一切のリターンがない寄付型
☑金額に合わせた配当がある投資型
☑プロジェクトに資金を出資し、出資したタイミングかプロジェクトの成立でリターンのある購入型
☑出資者が投資を行い、それに対して利子を分配する融資型

この中でも、購入型のクラウドファンディングが非常に多く実施されています。国や自治体だけでなく、個人も購入型のクラウドファンディングを実施可能であり、スタートアップ企業の資金調達手段としても活用されています。これは、購入型に対する法律的な制限がなく、出資者だけでなく、プロジェクトの実行者に対してもハードルが低いためです。

ちなみに、不動産投資型クラウドファンディングは、投資型に該当します。法規制に従いながら、1万円などの少額から投資が可能です。そのため、今までは多額の資金がなければ不動産投資はできないと諦めていた人々も不動産投資ができるように変化しつつあるといえるでしょう。

不動産投資型クラウドファンディ ングの現状

家の模型を横に置いてパソコンを使用する女性

不動産投資型クラウドファンディングの現状に目を向けてみると、多くのサービスが展開しており市場は拡大傾向にあるといえます。2014年から2018年にかけては、不動産投資も含める投資型は200億円から1700億円と8倍以上の伸びを記録しました。

これは、不動産投資だけでなく、資産運用によって将来的な資産を作らなければならないという意識を持つ人が増加したことが要因です。実際に、現物取得型の不動産投資に焦点をあててみると、投資金額が非常に多いことがネックとなっています。

仮に、銀行からの融資が成立して物件を取得するとなった場合でも、成功するとは限りません。また、賃金の問題から、数百~数千万単位の資金を用意するのが根本的に難しいといった課題があります。そのため、不動産投資型クラウドファンディングに対して多くの人々が注目しており、今後もニーズが高まり続けることが予想されます。

ちなみに、サービスによっては、今まで投資家でも参画できなかったような老人ホームや保育園などの不動産に対しても出資が可能です。手続きに関しても現物不動産のように多数の書類は必要なく、サービスに登録すれば投資が可能である点は、メリットだといえるでしょう。

クラウドファンディ ングで運用できる不動産の種類

クラウドファンディングの対象となる不動産の種類は、以下のように現物不動産よりも多いといえます。


・アパート
・マンション
・ワンルームマンション
・ホテル
・保育園
・観光施設 ・空家

オンラインサービスを通して、多くの人資金を集められることから個人では不可能だった大規模な案件も運用が可能です。運用そのものも出資者は気にしなくてもよく、事業者が行います。

また、サービス提供会社も東証上場会社や会社としての信頼性が高い会社が多いのも特徴です。初めて不動産投資を行う人々だけでなく、投資に慣れた人も利用しやすいといえるでしょう。

加えて、数多くの不動産を取り扱えることから、分散投資も可能です。例えば、アパートやホテルなどでは、利用者のニーズや収益の回収方法も大きく異なります。そのため、物件ごとの性質を知ることで、よりリスクを重視した投資が可能だといえるでしょう。

不動産投資型クラウドファンディ ングが向いている人

スマートフォンを操作するサラリーマン

不動産投資型クラウドファンディングは、現物不動産投資と比較すると、大きな利益を期待できるものではありません。

そのため、提示されている利回りを検討しつつも、投資によって社会貢献を行いたい方に向いているといえます。例えば、少子高齢化が社会的に進んでいても、保育園が足りない地域はいくつも存在しています。そうした地域に不動産投資型クラウドファンディングによって、保育園の設立することで社会的な貢献ができます。

また、不動産投資型クラウドファンディングは、リターンやリスクのレベルでいえば、ミドルクラスです。そのため、不動産投資を行いたいと考えていても、資金的なリスクが大きく、自分で運用する時間もないといった方にも向いているといえます。

加えて、不動産投資型クラウドファンディングの事業者がセミナーなどを定期的に開催する機会もあり、情報収集や人脈構築などが行える機会も少なくありません。情報収集を行いながら、不動産投資がといったものなのか少ない資金から学ぶことが可能です。

まとめると、以下のような人が不動産投資型クラウドファンディングに向いています。


・投資を通して社会貢献を行いたい人
・現物不動産投資に対してリスクを感じている人
・少額から情報収集や不動産投資を行いたい人
・定期的な情報収集を行える人
・中・長期的な視点で物事を俯瞰できる人

不動産投資は、少額であっても長期的な目線で運用をおこなっていくものです。不動産投資型クラウドファンディングの場合は、1年などの期間が決まっているものの、その期間を利用しながら知識を高めていくことが必須だといえます。

不動産投資型クラウドファンディ ングを選ぶ際のポイント5つ

不動産投資型クラウドファンディングを選択する際のポイントを見ていきましょう。 【1.情報開示が十分なのか】

不動産投資型クラウドファンディングでは、投資先の物件とサービス提供会社を十分に調べる必要があります。ある程度、サービス提供会社に実益があった場合でも、最終的に物件を選択するのは、出資者です。

また、事前の情報がわからないほどリスクが高いといえるため、住所や築年数、運営会社、運営方針などをよく確認しましょう

【2.運用する物件の種類】

運用する物件は、事業者によって大きく異なります。例えば、都心のワンルームマンションの不動産投資のみを扱っている事業者もあるため、自分が投資を行いたい物件を扱っている事業者のサービスに登録しましょう。

加えて、ホテルやレジャー施設、古民家などに出資する場合は観光業の現状などをある程度調査してから投資を行うことをおすすめします。利回りの高さだけでなく、どのような人々にとってどのようなニーズがあるのかを判断したうえで、サービスに登録することがポイントの1つです。

【3.サービス提供事業者の信用性】

サービス提供事業者がどういった業種をメインに取り扱っているのか、これまでの経営手腕などによって判断することも1つのポイントです。

例えば、上場企業が提供しているサービスや評判の良いサービスなどで比較した場合、会社の信用性を重視するという選択肢もあります。単純に、出資者が不動産運用を行う会社を信頼できれば問題ないものの、信頼性の基準は一人一人異なります。

自分なりの基準を満たしたサービス提供事業者を選択しましょう。

【4.運用期間の長さ】

不動産投資型クラウドファンディングは、基本的に短期間の運用が多く、途中で解約することが難しいケースも少なくありません

しかし、3ヶ月や半年と設定されているものと1年では、利益に対するリターンなども異なってきます。例えば、運用期間が短ければ短いほど、利益に対するリターンは少なくなります。対して、運用期間が長いほど元本割れのリスクは高まるものの、リターンが大きくなる可能性が高いなどの特徴があります。

不動産投資の場合、金融商品よりも激しい値動きとなることは少ないものの、運用期間は大切な選択のポイントです。

【5. 取り扱い案件数】

案件の数は、実は非常に重要です。例えば、案件が多ければ多いほど多くの人々がニーズにあわせた投資を行います。しかし、サービスの登録者に対して案件数が少ない状態であれば、早い者勝ちとなることが想定できます。

早い者勝ちとなった場合、ゆっくりとリサーチしている時間を確保することが難しく、忙しい人であれば、十分な調査をする前に探検に投資してしまう可能性があります。そのため、複数のサービスに登録し、自分が投資したい案件が出てきた場合に比較検討しながら投資を行うことを意識しましょう

不動産投資型クラウドファンディ ングは新しい不動投資の形

ここまで、不動産投資型クラウドファンディングについて解説してきました。少額から投資が可能、物件の管理費や修繕費が必要ない、サービスの登録に時間が掛からないなどのメリットがあるといえます。

また、提供しているサービスによって、投資できる物件が限定されることも少なくありません。そのため、複数のサービスに事前に登録しておくことをおすすめします。サービスの選定に関しては、会社の信用性や情報開示などのポイントを基準にしましょう。

そして、「不動産投資型クラウドファンディングを始めたいけど迷っている」などの場合はアスクルパートナーズの「特選物件メルマガ」をご利用ください。不動産投資を始めるに当たって、物件の情報収集や概要を知るのに役立ちます。

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む