不動産投資をもっと知る

新しい投資スタイル「サスティナブル投資」を徹底紹介

ESGサスティナブル物件

新しい投資スタイル「サスティナブル投資」を徹底紹介

投資と一言でいっても実際には様々な種類があります。

例えば、株式が主体なら株式投資、社会貢献が目的なら社会的インパクト投資など、その投資の内容を表す呼び名で呼ばれることは少なくありません。

そして、最近ではサスティナブル投資ESG投資と呼ばれる新しい投資方法が登場しています。実際ESGに関しては、新しい指数も作られており、今後不動産などにおいても取り入れられていく可能性があります。

そういった状況の中で「新しい投資方法は、どんなテーマで何を評価したうえで投資対象を決めればよいのか?」という疑問の声も尽きません。

今回は、比較的新しい投資方法のサスティナブル投資とその一種であるESG投資に対して徹底解説していきます。

「サスティナブル投資」とは

サスティナブル投資とは、簡潔にいえば経済や企業価値だけでなく、社会的影響を考慮したうえで行う投資方法のことです。

加えて、サスティナブル投資の一種であるESG(Environment・Social・Governane)投資が投資家の間で、新しい企業評価の項目として注目を集めています。

つまり、サスティナブル投資というワードが出現した場合には、ESGに対して言及されていると言えるほど関連性が高いと言っても過言ではありません。ESGがどのような要素を持つものなのかを以下にまとめてみました。

Environmental(環境) 二酸化炭素排出量の軽減、耐震性能の向上、再生可能エネルギーの利用・事業など
Social(社会) 女性役職者の増加、施設としての高い機能性、労働環境の可視化、バックライフバランスの充実など
Governance(企業統治) 企業における積極的な情報開示、社外取締役の増員、法令順守など

サスティナブル投資は企業価値だけでなく、ESGの評価も含めたうえで投資を行います。そのため、サスティナブル投資を行う場合には、ESGの概念を理解するところからスタートしましょう。

そもそもサスティナブルって?

サスティナブル(sustainable)は「持続可能」を意味する言葉です。

そして、サスティナブルという言葉が広く浸透した背景には、2015年に採択されたSDGs(SustainableDevelopmentGoals)と呼ばれる目標が関係しています。SDGsは日本語だと「持続可能な成長」を表す言葉です。

SDGsには17の目標が以下のような内容を含んでいます。また、2030年までが取り組みのゴールであるため今も継続的にモニタリングが行われている状況です。

・貧困や教育
・クリーンエネルギー
・不平等の撤廃、ワークライフバランス
・製造物の製造・使用責任
・地球温暖化、森林の減少軽減

一見して、投資には関係ないような取り組みに見えます。しかし、SDGsは全世界で取り組んでいくべき目標です。そのため、企業体がSDGsに対してどのように取り組んでいるかという点が評価の対象に変わりつつあります

企業の取り組みとして経済面だけであれば、事業拡大し、順調に利益を出すというサイクルには全く問題はありません。しかし、サスティナブルを意識した社会的課題の解決に関しては、インフラ開発や地球温暖化などの問題に対してどのような姿勢で取り組んでいるか等、株主だけでなく、一般の人々に広く示す必要があるといえるでしょう。

サスティナブル投資の概念には、SDGsが強く影響しています。そして、ESGはサスティナブルに含まれる考え方であり、今後の投資の要素として無視できない存在になっています。そのため、サスティナブルという言葉の意味を把握したうえで、企業体の取り組みを冷静に判断してみましょう。

ESG投資とは

ESG(Environment・Social・Governane)投資とは、企業体としての活動が社会的貢献を目指すためにどういった取り組みをおこなっているのかを評価したうえで行う投資のことです。

上記でも触れたように、ESGはそれぞれ異なったテーマを扱っており指標のなどに関しても非常に多くの種類があります。例えば、総合的にESGを評価しているものもあれば、社会貢献や二酸化炭素の排出削減にどれだけ貢献しているのかといったテーマなどもあるものの、全てESGの評価を行うための指標です。

SDGsは、地球規模の様々な課題に対するゴールを示すものであり、ESGはそのゴールを目指すための過程を示すものです。そのため、ESGに注力しているかどうかなどは有価証券報告書などから.判断する必要があるものの、ESGに取り組むことによって結果的にSDGsが達成できるということになります。

とくに、ESG投資の場合、投資信託やETFの分野で多くの指標が生まれ、その指標に従ってファンドが資金を運用している状況になります。加えて、株式投資などであっても、ESGの要素に対してどのような取り組みを行っているのか、判断することが求められているのが現状です。

ちなみに、社会貢献を前提とした社会的インパクト投資のみに特化したソーシャルレンディングサイトなどもあります。機関投資家だけではなく、一般の人々からも社会貢献をしつつ投資を行うといった意識が浸透し始めていると想定できます。そのため、ESGの要素を加味した投資は今後さらに浸透していく傾向にあるといえます。

ESG投資の注意点

ESG投資の注意点は3つあります。

1つは短期的な利益を出すには向いていない点です。ESGは、大きく傾向を分けると3分野に分けられます。しかし、どの分野においても、短期的な利益に繋がるものではなく、投資信託やETFなどでは、その効果を実感しにくいといえるでしょう。

株式などであれば、買収や出資などで変動することもあります。しかし、ESGがあくまで取り組みを示すものであることから、ESGが企業価値の一部として評価されたとしても、デイトレードなどではその影響は出にくいと想定できます。

そのため、ESG投資を行う場合には、長期的な視点からその企業の取り組みを自分で判断しなければ、利益を上げることは困難でしょう。

2つ目は実際にESGに対してどのような取り組みをしているのかわかりにくい点が挙げられます。実際に、ESGに取り組んできたとしても、言葉だけではどのような社会貢献を企業体として行ったのか見えにくいのが実状です。

有価証券報告書などを見れば、企業体としてどのような分野に注力し、実際に資金を使用しているのかを把握できるものの、株価などの経済的な面だけでは判断できません。

また、実際に社会貢献に取り組んでいないにも関わらず、明確な定義や法律があるわけではないため、ESGに取り組んでいるとうたっている企業も存在しています。

加えて、実際にESGに対して、会社として出資していてもそれが経済面にも良い影響も与えるとは限りません。実際に、ESGに注力し過ぎることで株価が割高と判断されるパターンもあります

3つ目はESGの評価のみでは投資対象にしにくい点です。ESGの取り組みに対しては、指標に組み込まれている企業はある程度、ESGに対して注力していることが把握できます。

日本だけでなく、本編の企業を対象としたものもあるため、銘柄そのものに関しては非常に選択肢があるといえるでしょう。しかし、あくまでも、ESGの観点から見た評価で高得点となっていても、将来的にその企業が評価され続けるとは限りません。

また、ESGの評価が高い企業には、大企業が多いものの、大企業だからといって株式や投資信託で将来的に利益を獲得できるかは全く別の問題です。株式にもバリュー株やグロース株といった種類があり、そういった株式をESGの観点から判断するためには、出資者自身がある程度知識がなければ、厳しいといえるでしょう。

不動産におけるサスティナビリティ

様々な物件

不動産分野にもサステナビリティの考え方が波及しています。

例えば、国土交通省のサスティナブル建築物等先導事業などでは、気候や二酸化炭素2入りした住宅づくりの概要を示しています。

以下のような概念は全てサスティナビリティに含まれます。

・省エネルギー設計
・再生可能エネルギー・資材の利用
・長寿命化

実際に住宅に着目してみると、増加傾向にある空き家を活用する事業などは、サステナビリティの考え方をもとにしています。また、100年耐久の建物や再生可能資材の使用なども概念としてあてはまることから、不動産におけるサステナビリティの考えは浸透しているといえるでしょう。

ちなみに、建物は経年劣化していくものであり、数十年一度も手入れをしない状態では、家賃収入も望めなければ空室対策を行うこともできません。しかし、サスティナブルを意識した不動産であれば、耐久性の向上などによって修繕費などを軽減することが可能です。

修繕費の軽減が可能であれば、現物不動産投資の負担も軽減します。加えて、元々の耐久性が高ければ、不動産の価値も落ちにくくなるため、出口戦略の1つである売却も今まで以上に選択肢として選びやすくなるでしょう。

ESG不動産投資のメリット・デメリット

サスティナブルが持続可能という概念であることから、ESG不動産投資もサスティナブルの考え方を反映した建物となります。そのうえで、ESG不動産投資のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

ESG不動産投資のメリットは以下の通りです。

  • 長期投資に向いており、クラウドファンディングサービスですぐにESG不動産投資を開始できる
  • ESG不動産投資の場合、その地域のニーズにあわせた建物を建てるため、周辺住民の理解を得られやすい
  • 地方創生や空き家対策などに協力できる

ESG不動産投資のメリットは、長期投資に向いていることが挙げられます。加えて、自分で建物を運用する現物不動産投資ではなく、クラウドファンディングサービスなどであれば、建物の耐久性からニーズに至るまでプロの業者がリサーチをしているため、ある程度リスクを軽減しながら、投資を行うことが可能です。

自分で建物を建てる場合であっても、ESG不動産投資の場合は、長期的な使用を前提とした建物作りを行います。そのため、修繕や光熱費の低減などオーナーとして建物を管理する場合でも、今まで以上に負担を軽減することができるでしょう。

反対にESG不動産投資のデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

  • ESGに基づいた不動産の設計などはノウハウが必要
  • 空き家などを回収しても人が集まるとは限らない
  • 収益率は高くなりにくい

ESG不動産投信の最大のデメリットは、不動産投資をスタートする段階である程度のノウハウのある人でなければ、現物不動産投資にESGの要素を取り入れることが難しい点です。

また、耐久性を向上させるということは、長年の使用に耐えられる素材の使用が前提となります。そのため、これまで以上に初期費用が高騰する可能性があり、長期的な視点から運用をスタートする必要があると想定されます。

そのため、現物不動産投資を行う場合、購入の前段階で綿密な計画が必要となります。ソーシャルレンディングなどを利用する場合であっても、必ずしも利益に繋がるとは限らない点に注意が必要です。

まとめ

サスティナブル投資は、 ESG を考慮しつつ、企業の価値などの経済面を総合的に評価しながら行う投資です。そして、サスティナブル投資の方法の1つとして、 ESG 投資が存在します。

ESG は、その企業の社会的貢献の評価を表すものであり、投資の新しい指標の1つになりつつあります。例えば、再生エネルギーに注力している、二酸化炭素の削減に注力しているなどは、 ESG の評価対象です。

テーマによってどのように評価されるのかは異なるものの、投資指標となっている銘柄は、有価証券報告書などからもある程度を ESG に対して注力しているということが想定できます。

また、不動産などに対してもサステナビリティの考え方が波及しています

戸建て住宅や賃貸物件の耐久性の向上、空き家のリフォームやイノベーションなどに関しても今後さらにサステナビリティを根幹の考え方とした建物作りが行われていく可能性を秘めているといえるでしょう。不動産投資などにおいてもESGの考え方は今後取り入られていく可能性があります。

しかし、ESG不動産投資の場合、ノウハウがなければそもそも実践しにくい、現物不動産投資の場合、初期費用が高騰する可能性があるなどのデメリットを把握しておきましょう。

「ESG不動産投資を行ってみたい」「現物不動産投資以外のESG不動産投資を考えたい」などの疑問でお悩みの場合、アスクルパートナーズの「不動産投資セミナー」をご利用ください。貴方に最適な不動産投資の方法を見つけるのに役立つでしょう。

▶合わせてコチラも読むとより理解が深まります。 投資指標として認定されつつあるESG投資の基礎知識

「不動産投資を行いたいけど専門用語などがあってよくわからない」「相談に行ってみたいけど営業が不安……」という方は、アスクルパートナーズの「マンガで分かる、初めての不動産投資セミナー」「不動産投資セミナー」をぜひご活用ください!

①マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 セミナー参加編


②マンガで学ぶ!はじめての不動産投資 個別面談編


①サラリーマンが不動産投資!? はじめての不動産投資 セミナー参加編

【無料】年収UP&将来の資産形成を実現できる方法を
すべて開示する不動産セミナーに参加してみませんか?

Asucre Partners
不動産セミナーに申し込む